KabuGuide.com Blog # A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z NASDAQ NYSE AMEX

ホワイトウォッシュ解像度はバイアウト状況における対象企業がターゲットの買い手に資金援助を与えることができる前に渡さなければならないの解像度を指し、1985年会社法と組み合わせて使用​​ヨーロッパの用語です。対象会社の取締役は、会社には少なくとも12ヶ月の期間、その債務を支払うことができるようになることを誓う必要がある場合にしっくいの解像度が発生します。多くの場合、監査人は、会社のソルベンシーを確認する必要があります。これが行われた後にのみ、対象会社が購入会社に財政援助のいずれかのタイプを与える可能性があります。

ホワイトウォッシュ解像度を破壊

一部の企業は融資を取得し、唯一の債務はだらけこれらの企業を残すために、対象企業の資産を排出し、彼らの手形を支払うことができないの手段として買収を使用していました。 1985年の会社法とごまかし解像度は、対象会社が溶剤ままになり、買収が完了した時点でその負債を放出しようとしないことを保証するためのものです。

ホワイトウォッシュ解像度の##例

民間企業ABCがXYZ社で購入することを希望する場合、それはそれにその株式を購入するのに十分な資本を与えるために会社XYZに財政援助を提供するかもしれません。しかし、これは唯一のABCが決議し、同社が、でも援助を提供した後、資金援助は購入のための会社XYZに発行された日の後、少なくとも12ヶ月間生存し続けるだろうと述べている当社の取締役の後に発生する可能性があります。 ABCの株主は、トランザクションを承認する必要があります。