KabuGuide.com Blog # A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z NASDAQ NYSE AMEX

ワンタン無視は何ですか?

理不尽な無視は幸福や他の個人の権利のためのケアの個人の極端な欠如を示し法律用語です。

それは、最も一般的損害または傷害につながっている無謀な振る舞いを記述するために過失を含む保険のコンテキストで使用されています。理不尽な無視は、人は非常に無謀に振る舞うことを示している深刻な告発です。

重要ポイント

理不尽な無視は、極端なnegligence.Wanton無視を参照法的用語は人がrecklessly.Whenは、ファイナンシャル・アドバイザーまたはいずれかの規制や顧客の最善の利益のために故意軽蔑を示し、金融機関の従業員の資金調達のために適用振る舞っていることを示し、非常に深刻な告発であります理不尽な無視と非難することができる。###ワンタン無視を理解します

個人が彼らの行動に合理的なケアを使用することが失敗した場合、それは過失を構成しています。しかし、すべてではない過失は同じです。過失の度合いがあります。

それは単なる不注意よりも深刻ですが、法的な意味での理不尽な無視は、常に故意に悪意がありません。訴訟では、理不尽な無視は、状況や状態の法律の重症度に応じて、懲罰的損害賠償が発生する場合があります。理不尽な無視はまた、理不尽な行動と呼ばれることもあり、より正式に故意と理不尽無視として表すことがことができます。

通常の過失は:必要とすることに合理的な人は、同一または類似の状況下で行動するだろうかに反する方法で、個別に動作します。また、合理的な人が行うことが期待されるであろう何かをする、個々の失敗を伴ってもよいです。過失の法律は、個人が危害ケアの標準から自分自身や他人を保護するために合理的な措置を実施する必要があります。そのような義務が満たされない場合、損害賠償の支払いはrecovered.Gross過失であってもよい:一般的に、重大な過失は、個人またはエンティティの一部に無関心です。これは、通常の過失以外のケアや勤勉のかなり大きい欠如です。裁判所は、他の個人の権利への法的義務の違反として重大な過失を定義します。不法死亡の場合には、裁判所が裁定懲罰的損害賠償への重大な過失の証拠を見つけなければなりません。故意、理不尽や無謀な行動:そのような挙動は、実際に悪意のある動作にクロスオーバーすることなく、危害や損害を引き起こすために、実際の意図に非常に近くなります。例えば、句「故意や理不尽な無視は」行動の危険が個人によって理解されていることを示唆している、と彼らは実質的な損害を引き起こす可能性があることを知っている、まだ彼らはとにかくそれを行います。

ワンタンの無視の##例

大企業の財務顧問は、彼のクライアントに関する機密情報を保存するために、同社のオンラインデータベースを使用しています。データベースがハッキングされ、クライアントのIDが盗まれます。クライアントは、彼が彼のアイデンティティが財務顧問の事務所を通じて盗まれたと考えて、彼の財務顧問を伝えます。財務顧問は、企業内の適切な人に通知し、彼らは問題を修正しないでください。同社は顧客の機密財務データを公開しませ故意または悪意を持っている間、それは無謀にそれが知らされた問題を無視しているので、これは理不尽な無視と考えられます。

理不尽な無視の別の例は、それはまだ実行している間に機械の一部にサービスを提供するために部下に指示監督だろう。合理的な人は、これを不当に危険な行動であることを知っているであろう。そのような行動から生じた任意の損傷は理不尽な無視の証拠だろう。理不尽な無視を含むいくつかの判例法の例については、故意、ワンタン、ルイジアナ州ローレビューから無謀と重大な過失の反射を参照してください。