KabuGuide.com Blog # A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z NASDAQ NYSE AMEX

賃金労働者の計画は何である(第13章破産)

賃金労働者計画(第13章破産は)時間をかけて自分の借金を返済する義務を再構築するために定期的な収入を持つ個人を可能にします。そのような計画では、債務者がその債務残高の一般的な許しを獲得しようとしません。むしろ、債務者が一定の分割払いを利用して返済計画を提供しています。このような支払は、通常、3〜5年、その後、指定された期間のために債権者に転送し、受託者に対して行われます。

賃金支える者の計画を破壊(第13章破産)

その下の救済は、通常の賃金を獲得した個人にのみ利用可能であったため、第13章破産は、以前は賃金労働者の計画と呼ばれていました。その後の法令の変更は、自営業者や非法人の事業を含めた任意の個人を含むようにそれを拡大しました。

任意の個人がいる限り彼らの無担保債務未満$ 394725をしているとして、第13章救済の対象となり、かつ安全な債務は、彼らが提出する前に、180日以内に、クレジットカウンセリングを受けている(2018年現在)$ 1184200未満、およびあります。法人又はパートナーシップは、第13章破産の対象ではありません。

賃金支える者プラン(第13章破産)第7章対

借金に真剣にある人は、第13章または第7章破産のいずれかのために提出することができます。あからさま清算またはストレート破産のために、第7章通話しながら、第13章では、第7章は、しばしば言及される方法である、再編することができます。もう一つの大きな違いは、賃金労働者計画(第13章破産は)債務者が自分の財産を維持することを可能にするということです。普通株式または第二の家や休暇のプロパティは、債権を返済するために没収されるものの、第7章破産で債務者は、ホームエクイティや車を維持することがあります。

第13章破産は、個人に、第7章、それは彼らに差し押さえから自分の家を保存する機会を提供することが最も重要であるよりも多くの利点を提供しています。彼らの主な居住地での住宅ローンを除いて - - と彼らの支払いを下げることが計画の期間にわたって、それらを拡張する第13章では、個人が担保債務を再スケジュールすることができます。また、第13章は、共同署名者を保護することができる特別な規定があり、また、計画の支払を債権者に配布し、受託者に対して行われたの下に統合計画のような役割を果たします。

賃金支える者プラン(第13章破産):返済条件

該当する状態の中央値に比べて、返済期間は、債務者の毎月の収入に依存します。この返済期間中は、法律では、収集活動を開始または継続するから債権を禁止します。詳細については、米国裁判所の事務局から第13章破産の基礎を参照してください。