KabuGuide.com Blog # A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z NASDAQ NYSE AMEX

バーチャルオフィスとは何ですか?

バーチャルオフィスは、企業が長期リースと管理スタッフのオーバーヘッドなしで物理アドレスとオフィス関連サービスを提供します。バーチャルオフィスでは、従業員はどこからでも動作しますが、まだメールアドレス、電話留守番サービス、会議室、ビデオ会議のようなものを持つことができます。

バーチャルオフィスがどのように働きますか

バーチャルオフィスは、顧客にサービスを提供するために一つのユニットとして動作しますが固定された場所に存在しません。セットアップのこのタイプは、オーバーヘッドを最小限に抑えたいスタートアップや中小企業に特に人気です。ウェブベースのオフィス生産性ソフトウェアとサービスの作成は、ビデオ会議など、仮想オフィスでの成長を促進支援してきました。

重要ポイント

バーチャルオフィスは、一つのユニットとして動作し、物理的なメールアドレスを持っている会社ですが、そのような仮想office.The費の増加の使用につながっているテレビ会議やメッセージングサービスなどのツールの一つの特定のロケーションこの開発には存在しません。バーチャルオフィスを操作する従来のオフィスよりもはるかに小さい、とセットアップのこのタイプは、中小企業の間で人気があり、startups.Aバーチャルオフィスの配置が従業員のためのジョブオプションを拡大し、businesses.Whileバーチャルオフィスのためのオプションを雇うことは一般的である理由ですビジネスのための安価なオプションは、電話の応答やビデオ会議などの一部のサービスは、限られたアクセスを持っているかもしれません。 バーチャルオフィスも、そのサービスの自由な管理タスクからの労働者だけでなく、通勤など、より高い生産性につながることができます。各従業員は、最も便利な場所から作業することができ、ビジネスはローカルに住む従業員の雇用に限定されるものではありません。

より多くの人々がリモートで作業する方法を見つけるように、仮想オフィスのメリットは、すぐに顕著です。しかし、すべてが、それは思ったほど簡単ではありません。いくつかは、物理的なオフィスに固有の時間のかかるスケジューリングの競合を超えない異なる仮想オフィス空間のスケジューリングを見つけることができます。

バーチャルオフィスのメリットとデメリットは、

ユーザーに仮想オフィスの魅力は二つあります。まず、仮想オフィスの月額費用は、従来のオフィスのそれよりもはるかに少ないです。結局のところ、それはメンテナンスと維持費のどれを持っていない、またそれが配属する必要がありません。バーチャルオフィスはまた、月ごとのリースを経由して固定することができるので、ユーザのビジネスの変化は、(何もリースの期限が切れるのを待つか、壊れたリースの費用を負担する)場合は、より大きな柔軟性がありません。

バーチャルオフィスを使用するための費用は、会費のための$ 50と基本的なサービスのための月々のリースのための月額$ 250以上のような低いを実行することができます。上の追加されたより多くのサービスは、より高価なことになります。

第二に、バーチャルオフィスは、メールアドレス、電話応答、およびビデオ会議サービスを提供することができます。そのため、小企業はそれがより大きく表示することができます。また、クライアントを満たすためにユーザーのための物理アドレス(または複数のアドレス)を提供することができます。時には、アドレスは、このようなアドレスは、よく知られた場所や通りであるかのように、仮想オフィスユーザに威信のオーラを貸すことができます。プロの電話応答サービスは、同じ効果を持つことができます。

バーチャルオフィスの配置の提供を利用するために事前に計画を必要とするサービスの一部。例えば、多くのパッケージには、会議室または制限された電話会議やビデオ会議サービスの限定使用が付属しています。バーチャルオフィスはまた、夜間や週末のアクセスを制限している可能性があります。ユーザーは、柔軟性制限と不便なの欠如を見つけることができます。自宅で仕事、したがって、いくつかの労働者が仮想オフィス環境で動作しているときのように生産性ではないかもしれませんが付属して気晴らしのための可能性もあります。