KabuGuide.com Blog # A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z NASDAQ NYSE AMEX

スポンサーなしADRとは何ですか

あるいは同意 - - 株式、外国発行者のADRを根底スポンサーなしADRは関与、参加せずに預託銀行の問題があること米国預託証券(ADR)です。発行者は、したがって、それが制御を保持スポンサーADRとは対照的に、スポンサーなしADRを制御できません。

預託銀行は通常、投資家の需要に応じてスポンサーなしのADRを確立します。株主の利益と議決権は、これらの特定の有価証券の保有者に拡張することはできません。スポンサーなしADRのは、一般的に(OTC)店頭ではなく、米国の取引所で取引します。

スポンサーなしADRを破壊

スポンサーなしADR銘柄数は、証券取引委員会(SEC)は、彼らの有価証券は、セクションの下に必要な登録なし米国店頭市場で取引が許さ外国発行体に適用免除を、改正2008年10月10日、後に急増しました1934年SEC法の12(G)。

この修正は、一定の条件を満たした外国発行者にセクション12(G)から自動免除を提供することによって書かれたアプリケーションと紙提出要件を排除しました。これらの条件は、米国外の主要市場での株式の上場を維持するために発行者を必要とし、英語で電子的に発行する米国以外の開示書類を指定されました。

預託銀行は基礎となる発行体に通知したり、SECとのスポンサーなしADRのを登録する前に許可を得るために必要されていないので、時には同じ発行者のために作成された複数のスポンサーなしADRの結果として、市場にこれらをもたらすラッシュがありました。

スポンサーの米国預託証券(ADR)対スポンサーなしADRの##

スポンサーなしADRのとは対照的に、主催の米国預託証券(ADR)は、外国企業が直接、国際資本市場を活用することができます。後援ADRは、米国に記載されていることになるが、発行会社は、まだ自国通貨建ての売上高と利益を持っています。後援預託証券の3つのレベルが存在します。

レベルIが主催する米国預託証券(ADR)は、のみ(OTC)店頭ではなく、公式米国の取引所で取引することができます。しかし、私はADRを後援レベルは、同じ開示を必要としないため、外国企業のためのセットアップが容易になり、また同社は、一般に認められた会計原則GAAPを遵守しなければなりません。レベルIは、米国預託証券(ADR)は、米国預託証券(ADR)が取引所に上場され、したがって、より広い市場に見えることができ後援transparency.Level IIのそれらの相対的な不足与えられた投資家に一定のリスクをもたらす後援しました。しかし、彼らが主催する米国預託証券(ADR)は、資本を調達するために株式を発行する企業を許可SEC.Level IIIに準拠するために会社を必要としますが、コンプライアンスや開示の最高レベルを必要とします。