KabuGuide.com Blog # A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z NASDAQ NYSE AMEX

自己株式の方法は何ですか?

自己株式法は、企業が潜在的に未行使イン・ザ・マネーワラントおよびオプションで作成することができ、新たな株式の数を計算するために使用したアプローチです。自己株式法によって得られた追加の株式が希薄化後一株当たり利益(EPS)の計算に入ります。この方法は、同社がイン・ザ・マネーのオプションの行使から受け取る収益は、市場で普通株式を買い戻すために使用されていることを前提としています。

自己株式法を理解します

自己株式法は、一株当たりの会社の利益の計算に使用される基本的な株式数(EPS)が行使価格で普通株式を購入するために彼らの所有者の権利を与える優れたイン・ザ・マネーのオプションおよびワラントの結果として増加しなければならないと述べています現在の市場価格以下。その希薄化後EPSを計算するとき、一般的に認められた会計原則(GAAP)に準拠するために、自己株式法は、会社で使用しなければなりません。

基本的な株式数に戻って追加する必要があり、追加の株式の数は、オプションおよびワラント行使の前提とシェア数と、公開市場で購入されている可能性がシェア数との差として計算されます。 この方法は、オプションおよびワラントは、報告期間の期首で行使されていることを前提とし、同社は、期間中の平均市場価格で普通株式を購入する運動が進むを使用しています。基本的な株式数に戻って追加する必要があり、追加の株式の数は、オプションおよびワラント行使の前提とシェア数と、公開市場で購入されている可能性がシェア数との差として計算されます。

自己株式法の##例

$ 50の平均行使価格で、優れた10万基本的な株式、昨年の純利益は$ 500,000 10,000イン・ザ・マネーのオプションおよびワラントを報告する会社を考えてみましょう。昨年の株式の平均市場価格は$ 100でした。 10万普通株式の基本的な株式数を使用して、会社の基本的なEPSは100,000株で割っ$ 500,000当期純利益として計算$ 5です。しかし、この数は、イン・ザ・マネーのオプションおよびワラントが行使された場合に10,000株をすぐに発行することができるという事実を無視します。

自己株式法を適用すると、同社は万のオプション及びワラント、それは$ 100の平均株価で公開市場で5,000普通株式を買い戻すために使用できる$ 50の倍の平均行使価格として計算運動が進む、で$ 500,000受け取ることになります。

万の差が発行した株式を仮定し、5000が買い戻した株式を想定している追加の5,000株は、潜在的なオプションおよびワラント行使の結果として発行される新株式のネットを表します。

希釈された株式数は105,000 =10万基本的な株式+ 5,000株式を追加です。希薄化後EPSは105,000希釈株÷$ 4.76 = $ 500,000個の当期純利益に等しいです。

重要ポイント

自己株式法は、潜在的に未行使イン・ザ・マネーワラントおよびオプションで作成することができ、新たな株式の数を計算するために使用されます。自己株式法は、会社がイン・ザ・マネーのオプションの行使から受け取る収益は、その希釈されたEPSを計算するときに、会社によって使用されなければならないmarket.The自己株式法に普通株式を買い戻すために使用されていることを前提としています。