KabuGuide.com Blog # A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z NASDAQ NYSE AMEX

残存価額は何ですか?

減価償却費は会社がその耐用年数の終わりの資産と引き換えに受け取ることを期待するものに基づいて、完了後に残存価額は、資産の見積簿価です。このように、資産の推定残存価額は、減価償却スケジュールの計算に重要な成分です。

重要ポイント

すべての減価償却費が完全に資産のexpensed.The残存価額は、同社は便利life.Companiesの終わりに資産を売却またはアウト別れと引き換えに受け取ることを期待するものに基づいてされた後の残存価額は、資産の簿価であります残存価額は、同社が減価償却スケジュールに使用しています合計減価償却額に影響を与えることになるので、minimal.Salvage値であるため、完全に$ 0にその資産を減価償却します。 午前1時31分 残存価額

理解残存価額

見積残存価額は、同社が時間をかけてその帳簿上の減価償却されるすべての資産について決定することができます。すべての企業は、残存価額を推定するための独自の基準を持っています。その残存価額がとても最小限であるため、一部の企業は、常に$ 0に資産を減価償却することもできます。減価償却費が完全に費用計上された後、それは会社の帳簿上の資産の帳簿価額となりますので、一般的には、残存価額は重要です。これは、企業がその耐用年数の終わりに資産の売却から受信することを期待値に基づいています。いくつかのケースでは、残存価額は、ちょうど会社が、それは部品の減価償却、動作不能資産を売却して得ることが可能と考えている値であってもよいです。

減価償却費及び残存価額仮定

資産減価償却費及び残存価額についての仮定を行う際に企業が考慮費用収益対応の原則を取ります。費用収益対応の原則は、関連の収益が稼得されているのと同じ期間に費用を認識するために会社を必要と発生主義会計の概念です。同社は資産が時間の長い期間の収益に貢献することを想定している場合、それは長い、耐用年数を持つことになります。

同社は、資産の耐用年数が不明である場合、それは完全な減価償却後の帳簿上の資産を運ぶか、その残存価額で資産を売却する年の数値が低いと高い残存価額を推定することができます。同社は、フロントロード減価償却費を望んでいるなら、それは先行より減価償却費を控除加速減価償却方法を使用することができます。彼らは、資産の活用が十分に耐用年数にわたって収益をその費用認識を一致していると考えているため、多くの企業が$ 0残存価額を使用しています。

減価償却の方法

減価償却スケジュールを開発するために必要ないくつかの仮定があります。バランス、二重定率、和の-年の数字、および生産の単位を減少、定額:財務会計士が選択できる減価償却の5つの主要な方法があります。年の定率、ダブル定率、および合計は数字の方法は、以前の年間の減価償却費の前払いと減価償却方法を加速しています。

これらの各メソッドは、残存価額の対価が必要です。資産の減価償却額は、すべての減価償却費も原価マイナス残存価額の結果である、記録された後にその合計減価償却累計額です。資産の帳簿価額には、減価償却されているようにこれまでその原価マイナス減価償却です。

定額法

直線減価償却費は、一般的に最も基本的な減価償却の方法です。全体の資産は、その残存価額まで減価償却されるまで、それは全体の耐用年数を通じて毎年均等償却費が含まれています。

同社は$ 5,000コストで機械を購入することを、例えば、想定しています。同社は$ 1,000サルベージ値と5年の耐用年数を決定します。これらの仮定に基づき、定額法を使用して、年間減価償却費は以下のとおりです($ 5,000人のコスト - $、1,000サルベージ値)/ 5年間、または年間$ 800これは、20%($ 800 / $ 4,000人)の償却率になります。

定率

定率法は、加速減価償却方法です。この方法は、その直線償却率倍の残りの償却額は毎年で機械を下落します。資産の帳簿価額が早い年で高くなっているので、同じ割合は年々減少し、それ以前の年で大きな減価償却費の額を引き起こします。

(20%$ 4,000人減価償却額)上記の例を使用費は初年度$ 800ので、マシンは、$ 5,000のコスト$ 1,000残存価額を持ち、5年間の生活、毎年20%で償却され、二年目で$ 640((4,000 $ - $ 800) 20%)など。

倍額定率

倍額定率(DDB)メソッドは、二回定額減価率である減価償却率を使用しています。機械の例では、減価償却率は20%です。したがって、DDB方法が(20%×2)または年間残り減価償却額の40%減価償却費を記録することになります。

定率とDDBの両方が減価償却額を決定するための初期残存価額を設定するために、会社が必要となります。

和の-年数字

この方法では、減価償却計算の端数を作成します。耐用年数は5年である場合は、上記の例を使用して、分母は5 + 4 + 3 + 2 + 1 = 15です。分子は、資産の耐用年数に残っ年数です。 5年ごとに、減価償却費の割合は、5月15日、4月15日、3月15日、2月15日、および1/15です。各画分を合計償却可能価額回乗算されます。

年の合計

15 = 5 + 4 + 3 + 2 + 1

1年目の 4000 5/15 1333.33

2年目 4000 4/15 1066.67

年3 4000 3/15 800.00

年4 4000 2/15 533.33

5年 4000 1/15 266.67

4000

生産の単位

この方法では、資産がその耐用年数にわたって生み出す全単位の推定値が必要となります。減価償却費は、その後生産ユニットの数に基づいて年ごとに計算されます。また、このメソッドは、減価償却額に基づいて減価償却費を計算します。