KabuGuide.com Blog # A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z NASDAQ NYSE AMEX

ロス401(k)は何ですか?

ロス401(k)は、計画の貢献の限界まで税引後ドルで運営されている雇用者の投資貯蓄口座です。投資勘定のこのタイプは、彼らが引き出しが免税されているとして、彼らは、今より退職でより高い税率になると思う人々のために適しています。従来の401(k)制度は、他の一方で、将来の引き出しへの課税になり、税引前のお金で運営されています。

1時57分 401(K)の概要

ロス401(k)を理解します

ロス401(k)は、従来の401(k)の計画やロスのIRASの最高の機能の多くを組み合わせたユニークなハイブリッド退職貯蓄車両です。従業員拠出は参加していない所得制限の税引き後のドルを使用して作られています。

重要ポイント

ロス401(K)は、限り、一定の基準がmet.In 2019、貢献している非課税引き出すことができ、従来の401(k)の計画とロスIRAs.Contributionsと収益から機能を組み合わせた税制有利な退職貯蓄車両であります上限は$ 19,000人のある、そしてそれらの50とオーバーが追加の$ 6,000貢献することができます。 ロス401(k)は、個人の年齢に基づいて寄与制限を受けます。例えば、2019年の個人のための拠出限度は年間$ 19,000人の(2018年から$ 500まで)です。個人50歳以上はキャッチアップの貢献として、追加の$ 6,000貢献することができます。

任意の拠出金と利益の引き出しは、特定の条件が満たされなければならないことを意味する限り、撤退が資格分布であるとして課税されていません。まず、ロス401(k)のアカウントには、少なくとも5年間は開催されている必要があります。また、撤退は、アカウント所有者の死亡日以降、障害のために発生していなければならない、またはアカウント保有者は、少なくとも年齢59½に到達したとき。

個々がまだ401(k)を保持し、計画を後援事業の5%(またはそれ以上)の所有者でない会社で採用されていない限り、ディストリビューションは、少なくとも70½才それらのために必要とされています。

ロス401(k)の例

あなたは月額$ 4,000獲得し、ロス401(k)の貢献としてはさておき、5%を設定していると仮定します。そして、$ 200は、税の源泉徴収後に毎月の給与から控除されます。税引前ドルから差し引かれる401(k)の寄与とは対照的です。

ロス401(k)の対伝統401(K)

ロス401(k)と伝統的な401(k)の間の主な違いは、資金及び分布の課税に関する。従来の401(k)が資金を提供した場合、寄与は従業員の税引前利益から控除されます。税金が既に取り出された後あるいは、ロス401(k)に拠出が行われます。

ロート401(K)とは異なり、ロスIRAは、必要とされる最小の分布を受けません。 分布は、従来の401(K)から作られている場合、アカウントホルダは寄与し、その利益に課税の対象となります。しかし、ロス401(k)をして、口座名義は限り、彼らは資格のあるとして分布から任意の課税対象ではありません。

ロス401(k)のSは、すべての会社主催の退職金制度では使用できません。それらがある場合、貯蓄の43%は、従来の401(k)の上に1を選びます。新世紀世代は世代Xersやベビーブーマーよりロス401(k)に貢献する可能性が高いです。

ロス401(k)の利点

ロス401(k)の利点は、将来的に高い税のブラケットへの移動予測し、現在の低税の括弧内の個人に最も影響を与えます。拠出金は、低税率で課税になりましたし、個人は高い税率であるとき分布が非課税されているためです。若い人もいないだけでなく、貢献利益の分配が課税されていないという事実からより多くの利益のために、このように、アカウントが退職する前に非課税成長するために多くの時間を持っている、と。

ロス401(k)は、このような収入の低下を期待する退職に近い個人として、税のブラケットをドロップするように期待する人にはあまり有益であるかもしれない理由です。

ロス401(k)の歴史

2001年に、議会は経済成長と減税調整法(EGTRRA)を通過しました。行為は、2001年の景気後退、次の所得税率をカットし、人々が作ることができる税控除貢献を高めるためにロス401(k)を作成しました。

2006年の初めから、雇用者は従業員がロスIRA税部分の(税引き後のドルでの貢献)、治療または退職拠出金のすべてを選ぶことができるように彼らの401(k)の計画書を修正することが許可されています。ロス401(k)のSは、内国歳入のセクション402Aに概説されています。