KabuGuide.com Blog # A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z NASDAQ NYSE AMEX

「沈黙期間」とは何ですか

同社の新規株式公開(IPO)に先立ち、静かな期間は、販促宣伝にSEC-義務付け禁輸措置です。これは、予測を行うか、自分の会社の価値についての意見を表現するから、経営陣やマーケティング・エージェントを禁止します。

上場株式については、ビジネス地区の近くに前に4週間も沈黙期間として知られています。多くの場合、実際のまたは認識するかどうか、インサイダー情報の外観を避けるために - ここで再び、企業の内部者が不当な優位性に一定のアナリスト、ジャーナリスト、投資家やポートフォリオ・マネージャーを転倒回避するために、彼らのビジネスについて国民に話すことを禁じられています。

どのように静かな期間ワークス

SECと、新たに発行する有価証券(株式や債券)のために、会社のファイルの登録後、経営陣、投資銀行や弁護士は、ロードショーに行きます。一連のプレゼンテーション中に、潜在的な機関投資家は、投資リサーチを収集するために、会社についての質問をします。管理チームは、すでに登録届出書に含まれていない新しい情報を提供してはなりません。しかし、それはまだ情報収集のいくつかのレベルを提供しています。

登録届出書が有効に行われ、在庫が取引を開始した後、40日間続きれるとき静かな期間が開始されます。その目的は、同じ情報へのアクセス権を持つすべての人を確保することによって、すべての投資家のための平等な競争条件を作成することです。

静かな時間が違反した場合、SECはIPOを延期することは珍しくありません。ライン上にたくさんのお金がありますよう利害関係者は真剣にプロセスを取ります。

静かな期間およびSECの執行の目的議論金融市場において一般的です。 2012年にFacebookなど、特に後のよく知られたのIPO、 - ソーシャルネットワーキング会社と先リストのその弱体化成長見通しを不明瞭にその引受人を非難ダースの株主よりも多くの訴訟を促しました。小さな投資家はアンダーライターズリサーチアナリストは、おそらく唯一の大規模な投資家に新しい有用な業績予想を通過した後、彼らは情報不利な立場にいた訴えました。