KabuGuide.com Blog # A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z NASDAQ NYSE AMEX

資格未亡人または寡夫とは何ですか

資格寡婦または寡夫は、残された配偶者が配偶者の死後までの二年間のための個別のリターンに共同税率を結婚ファイリングを使用することを可能にする納税申告状況です。これは、生き残った配偶者が彼または彼女は彼らの税金を箇条書きにしない提供し、彼らの税の最高標準控除を受け取ることができます。

資格未亡人または男やもめを破壊

資格寡婦または寡夫の状態は、配偶者を失ったし、医療や葬儀費に苦労することができる人のための金融緩和の手段として提供されます。 2年後、再婚いない生き残った配偶者は、単一または世帯主のどちらかとして提出しなければなりません。資格寡婦または寡夫として納税申告状況は、彼らのパートナーが死亡しているという事実にもかかわらず、彼らはまだ結婚していたかのように残された配偶者が税金を提出することができます。これは珍しいファイリング状態であるため、それを使用することができますかについていくつかの特定の規則や規制を運ぶん。例えば、資格の寡婦または寡夫として納税申告状況を達成するために、残された配偶者はまた、彼らは彼らの税金に主張していること、子または継子ではなく、里子のいずれかを従属子を持つ必要があります。これは、多くの場合、彼または彼女が従属子を持つ必要があります規定有資格未亡人や男やもめのタイトルへの補遺があることを納税申告状況にとても重要です。法律はまた、依存子供が休暇や訪問親族のように、一時的に不在とは別に、あなたと一緒に家に住んでいなければならないことを規定します。例外は、出生、死亡、さらには誘拐のようなもののために、しかし、があります

認定ウィドウの例または男やもめ

一般的に、認定寡婦または寡夫税ステータスを使用するためには、配偶者が配偶者の死の年後少なくとも2年間は未婚のままにしなければなりません。配偶者が課税年度中に渡された場合は、この時間枠は、技術的には3年です。配偶者が2017年に渡された場合たとえば、あなたはあなたがあなたの配偶者が亡くなった年の税金を提出することができます1月1日、2020年前に新しい配偶者と結婚し、同様に2なかったん提供する認定寡婦または寡夫としての税金を提出でき彼または彼女の死、次の年。認定ウィドウまたは寡夫ステータスの資格も残された配偶者があなたの配偶者の通過の年のためのホームのアップキープの総費用の半分以上を支払っていなければならないと主張します。借りる食品からすべてまたは住宅ローン、保険、資産税、およびホーム・維持費を含むホームキープのための費用。