KabuGuide.com Blog # A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z NASDAQ NYSE AMEX

不当表示は、契約に同意することで、相手の意思決定に影響を与え、一方の当事者によって行われた重要事実の虚偽の陳述です。不実表示が発見された場合、契約は無効と宣言して、状況に応じてすることができます。悪影響を受ける当事者が損害賠償を求めることができます。そのような契約紛争では、虚偽の陳述をした当事者が被告となり、そして被害当事者が原告です。

ブレイキングダウン不当表示

不実表示がない意見や予測に、事実のみのステートメントに適用されます。不実表示の3種類があります。イノセント不当表示は、文が虚偽であったことを契約締結時に知らなかった被告による重要事実の虚偽の陳述です。このような状況での救済策は、通常、契約の解除です。第二のタイプは過失不実表示、被告が契約を実行する前に本当だった検証しようとしなかった文です。これは、当事者が合意に入る前に着手しなければならない「合理的なケア」のコンセプトの違反です。過失による虚偽表示のための救済策は、契約解除と損害賠償おそらくです。第三のタイプは、詐欺的な不実表示、被告はそれが虚偽だったか、無謀に作られた被告が契約を入力するように、相手を誘導することを知って作られたという記述があります。被害者は、契約と被告からの損害賠償を無効にしていきます。

そのような受託関係が関与している場合など、いくつかの状況では、詐称は省略することによって起こり得ます。それは、受託者は、彼または彼女が知識を持っているの重要な事実を開示していないところ虚偽表示が発生する可能性があり、です。義務はまた後で虚偽であることを知られるようになっ事実のいずれかのステートメントを修正するために存在しています。この場合、以前の虚偽の陳述を修正するために失敗は不当表示になります。

不実表示に関係なく大き取引の契約違反の基礎ではありません。民間取引における車の売り手は、人が車を購入する可能性があり見込み客にマイル数が誤って表示されます。買い手は、後に車が表現よりもはるかに消耗していたことを発見した場合、彼は販売者に対して訴訟を提出することができます。高いステークスの状況では、不当表示は、クレジット契約、またはかなりのブレーク料が適用でき、その場合には合併・買収(M&A)取引、終了の理由で、例えば、貸し手による債務不履行と見なすことができます。