KabuGuide.com Blog # A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z NASDAQ NYSE AMEX

株時価総額の対GDP比は何ですか?

株式時価総額対GDP比は、全体的な市場は、過去の平均と比較して過小評価または過大評価されているかどうかを決定するために使用される比です。比率は、米国の市場のような特定の市場に焦点を当てるために使用することができる、またはそれは値が計算に使用されているものに応じて、世界市場にも適用することができます。それは、単に国内総生産で除した株式の時価総額として計算されます。

株式時価総額の対GDP比は、バフェットインジケータ、後の投資家ウォーレン・バフェット、その使用を普及として知られています。

株式時価総額の対GDP比の式は

GDP = SMCGDPに時価総額×100where:SMC =株式市場CapitalizationGDP =国内総生産(GDP)\始める{整列}&\テキスト{GDPに対する時価総額} = \ FRAC {\テキスト{SMC}} {\テキスト{GDP}} \ 100倍\&\のtextbf {:} \&\テキスト{SMC} = \テキスト{株式時価総額} \&\テキスト{GDP} = \テキスト{国内総生産} \ \端{整列SMC =株式市場CapitalizationGDP =国内総生産:} GDP = GDPSMCに時価総額は100where×

どのような株式市場の時価総額の対GDP比は、あなたを教えていますか?

ウォーレン・バフェットは、一度それがあったとコメントした後の株式時価総額の対GDP比の使用が目立つ中で増加し、「バリュエーションは、任意の時点で立つところの、おそらく最良の単一の尺度。」これは、その経済の国内総生産(GDP)で割った市場内のすべての上場銘柄の合計値の尺度です。比率は、国の総出力の値に集約レベルで全株式の値を比較します。この計算の結果は、株式市場の値を表しGDPの割合です。

米国内のすべての上場銘柄の合計値を計算するには、ほとんどのアナリストは、米国市場でのすべての株式の価値を表す指標であるウィルシャー5000 Total Marketインデックスを使用します。四半期GDP、比計算の分母として使用されます。

典型的には、100%以上であり、結果は、米国市場向けの過去の平均付近である約50%の値が、過小評価を示すといわれている間市場は、過大評価されていることを示すと言われています。評価比は50と75%の間にある場合、市場が緩やか過小評価されると言うことができます。

比率が75〜90%低下し、それは90と115%の範囲内であれば適度過大評価場合も、市場は、公正評価されてもよいです。近年では、しかし、比率が長期間にわたって高い傾向にされたことを考えると、過小評価と過大評価熱く議論されてきたを示すで正確である何パーセントのレベルを決定します。

グローバルGDP比時価総額はまた、代わりに、特定の市場のための比を計算することができます。世界銀行は、2015年の終わりに55.2パーセントだった世界のGDPへの株式時価総額に毎年データを発表します。

対GDP比この時価総額は、新規株式公開(株式公開)やプライベートなものに比べて上場している企業の割合の動向の影響を受けています。すべての他の条件が同じであれば、民間対公共いる企業の割合が大幅に増加があった場合、GDP比の時価総額は何も評価の視点から変わっていないにも関わらず、上がるでしょう。

株式時価総額対GDP比は、全体的な市場は、過去の平均と比較して過小評価または過大評価されているかどうかを決定するために使用される比です。評価比は50と75%の間にある場合、市場が緩やか過小評価されると言うことができます。比率が75%〜90を下がり、それは90の範囲内と115%選択図株式時価総額対GDP比もバフェット・インジケータとして知られている場合程よい過大評価場合も、市場価値公正であってもよいです株式市場総額の例###。その使用を普及投資家ウォーレン・バフェット、後の対GDP比

歴史的な例として、2017年、のは、9月30日に終了した四半期の米国GDP比に時価総額を計算してみましょう株式市場の時価総額は、ウィルシャー5000によって測定されるように、26100000000000ました。第三四半期の米国の実質GDPは$ 17.2兆として記録しました。 GDP比の時価総額は、従って、次のとおりです。

GDPに対する時価総額= $ 26.1兆$ 17.2兆×100 = 151.7パーセント\ {整列}&\テキスト{GDPに対する時価総額} =を開始FRAC \ {\ $ 26.1 \テキスト{兆}} {\ $ 17.2 \テキスト{兆}} \ 100倍= 151.7 \%\ \ GDP = $ 17.2兆$ 26.1兆エンド{}整列時価総額100 = 151.7%×

この場合には、GDPの151.7パーセントは、全体的な株式市場の値を示し、それが過大評価されていることを示します。

2000年には、世界銀行の統計によると、米国のGDP比の時価総額は過大評価、市場の再符号153%でした。米国市場はインターネット・バブルの破裂後に急激に下降して、この比率は市場のピークシグナルの一部の予測値を有することができます。

しかし、2003年には、比率はまだ過大評価して周りに130%であったが、市場は今後数年間で、すべての過去最高を生成するために行ってきました。 2019年の時点で、市場は2000年の水準を上回るために準備を進めています。