KabuGuide.com Blog # A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z NASDAQ NYSE AMEX

市場浸透は何ですか?

市場への浸透は、製品またはサービスがその製品やサービスの総見積市場に比べて、顧客によって使用されているどのくらいの尺度です。市場への浸透はまた、特定の製品やサービスの市場シェアを拡大​​するために採用計画の立案に使用することができます。

1時22分 市場参入度

理解市場浸透

市場への浸透は、潜在市場の大きさを決定するために使用することができます。総市場が大きい場合は、業界への新規参入者は、彼らが市場シェアや業界の潜在的な顧客の総数の割合を得ることができることが奨励される可能性があります。

国の300万人と、それらの6500万自身の携帯電話がある場合たとえば、携帯電話の市場への浸透は約22%となります。理論的には、そこに携帯電話用の2.35億より多くの潜在顧客が残っている、または人口の78%が未開発のまま。浸透番号は、携帯電話メーカーの成長の可能性を示している可能性があります。

言い換えれば、市場への浸透は、市場シェアを獲得や販売を通じて、収益を拡大する業界内の企業の可能性を決定するために、業界全体を評価するために使用することができます。私たちの例を再訪、世界の携帯電話市場への浸透は、多くの場合、携帯電話の生産者の利益と収益予測を満たすことができるかどうかを推定するために使用されます。市場が飽和状態と見なされている場合は、既存の企業が新たな売上成長のための市場シェア-残し小さな部屋の大半を持っていることを意味します。

重要ポイント

市場への浸透は、製品またはサービスがその製品やservice.Market浸透も他社のではなく、特定の企業の製品を購入した潜在的な顧客の数に関係の総見積市場に比べて、顧客によって使用されているどのくらいの尺度でありますproduct.Market開発は、市場シェアや浸透を高めるために必要な戦略やアクションのステップである。###企業のための市場の浸透

市場への浸透は、範囲を測定し、製品やサービスのためのグローバルおよび業界全体の規模で使用されているだけでなく、自社製品の市場シェアを評価するために企業で使用されます。

メトリックとして、市場への浸透は、競合他社の製品の代わりに、特定の企業の製品を購入した潜在的な顧客の数、またはまったく製品に関する。企業のための市場への浸透は、一般的に、同社の製品を意味することは、これらの製品の市場全体の一定割合を表し、パーセントとして表現されます。

市場への浸透を計算するには、製品やサービスの現在の販売台数は、競合他社から販売されているものを含むすべての類似製品の総販売量で割って。結果は、小数点を移動し、パーセントを作成するために100を乗じて。

同社は、自社製品のための高い市場浸透を持っている場合、彼らはその業界のマーケットリーダーと考えられています。彼らは十分に確立製品とブランドのために多くの潜在的な顧客に到達することができますので、市場のリーダーは、マーケティングの利点を持っています。製品はとても人気があり、彼らはだから例えば、穀物の市場リーダーとメーカーがはるかに棚スペースと競合ブランドよりも良いポジショニングを持つことになります。

また、市場のリーダーは、その重要な販売量のサプライヤとのより良い条件を交渉することができます。その結果、市場のリーダーは、多くの場合、それらの動作の規模を考えると、その競合他社よりも安い製品を生産することができます。

市場の浸透を増やします

市場浸透が市場の獲得シェアと新たな販売のための可能性のレベルを決定するメトリックですが、市場開発は、市場シェアの向上を達成するためのステップに焦点を当てています。

市場の発展は、多くの場合、具体的な詳細や潜在的な顧客の数を増やすために必要なアクションのステップの戦略です。いくつかの戦略は、広告、ソーシャルメディアキャンペーン、未開拓の市場セグメントの見通しへの直接販売のアウトリーチ活動を採用します。価格を下げると、バンドル製品の提供はまた、市場の以前に未開発の部分でトラクションを得るのを助けることができます。

たとえば、設立された会社は、女性のための市場シェアの大部分を持っている製品がある場合があります。しかし、同社は、その市場浸透分析以下、彼らは男性のお客様と小さな市場シェアを持って実現しています。その結果、彼らは男性客を増やすために設計された特定の製品およびマーケティングアウトリーチキャンペーンを展開することがあります。

市場への浸透は、測定として、成功するかどうか、市場シェアは増加または減少のレベルを決定するために、様々な販売およびマーケティングキャンペーンを以下の再計算することができます。市場への浸透は、顧客や市場全体が彼らの製品を表示する方法として、巨大な洞察力を持つ企業に提供しています。図は、順番に、同社は販売努力に苦戦し、どのようにその製品やサービスが競争に積み重ねている方法を決定するために、特定の競合他社と比較することができます。

市場浸透の##例

2018年第4四半期では、アップル社(AAPL)は、世界中のスマートフォン市場の50%以上の市場シェアを蓄積していました。 Appleは常に新しいバージョンやその市場への浸透の結果としてそのハイエンドiPhone X.を解放するなど、追加の機能拡張やアップグレード、と自分のiPhoneを導入している、Appleが結合し、競合他社のすべてのより大きな市場シェアを持っています。

しかし、同社はまだその競合他社の顧客を標的とすることにより、顧客ベースに追加して、Apple製品やサービスにそれらをオーバー懇願する機会を持っています。