KabuGuide.com Blog # A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z NASDAQ NYSE AMEX

限界利益とは何ですか

限界利益が一つの追加(限界)ユニットを製造・販売されたときにしっかりまたは個別によって獲得利益です。これは、限界費用と(も限界収入として知られている)限界生産の差であり、多くの場合、伸縮生産、または完全に生産を停止するかどうかを決定するために使用されます。主流の経済理論の下では、限界費用が限界生産物に等しいとき、会社は、その全体的な利益を最大化する、または限界利益は正確にゼロであるとき。

そのため、企業は限界費用が限界利益がゼロに等しいときである限界生産物を、等しくなるまで生産を増加させる傾向があります。この点は、生産者間の競争があると仮定すると、市場で観察された価格水準になる傾向があります。事務所の限界利益がマイナス点灯した場合、正の限界利益は戻らないだろうと思われる場合は、その管理は、生産を縮小、一時的に生産を停止、または完全にビジネスを放棄することを決定することができます。

限界利益を破壊

それは一つの追加のユニットを生産する上で行われるためにお金を見て、その中で限界利益は平均利益、純利益、および収益性のその他の措置は異なっています。これは、企業が大きく、そのコスト構造の変化を取得するようので、生産規模を占めて - と、規模の経済によっては、収益性がアップし、生産ランプとして増加または減少することができます。

規模の経済は、生産の規模など限界利益の増加が大きくなる状況を指します。ある時点で、限界利益はゼロとなり、その後、その意図される能力を超えて規模が大きくなるにつれて負オン。この時点で、企業は規模の不経済を経験します。

限界利益を計算する方法

限界費用(MCMC)が一つの追加ユニットを製造するためのコストであり、限界生産物(MP)は、一つの追加ユニットを生成するために獲得した収入です。

限界生産物(MP) - 限界費用(MCMC)=限界利益(MP)

現代のミクロ経済学では、お互いに競争の中で企業は限界費用は生産のために事実上ゼロ限界利益を残し、(MCMC = MP)限界生産物に等しくなるまで、ユニットを生産する傾向があります。競争は常にダウン限界費用への販売価格をプッシュします、と限界生産物が限界費用に等しくなるまで企業が動作しますので、実際には、完全競争に限界利益の余地はありません。したがって、MC = MPが、MC = MP =価格をしていないだけ。

企業がコストに競争し、限界損失(負の限界利益)で動作することができない場合は、それが最終的に生産を中止します。それは限界費用が限界生産物に等しく、限界利益がゼロのレベルまで生産する際に会社のための利益の最大化は、したがって、発生します。

考慮すべき変数(とものではありませんへ)

その限界利益は、単に一つの追加項目、およびない企業の全体的な収益性を生成するために稼いだ利益を示して注意することが重要です。言い換えれば、企業が1つのより多くのユニットを生産レベルでの生産を停止する必要がありますが、全体的な収益性を減らすために開始します。限界費用に貢献した変数は、そのような労働力、物資や原材料費、利子、税金などの要因です。これらの一時費用が非常に次のユニットを生産の収益性を変更したり、変更しないので、固定費、または埋没費用は、限界利益の計算に含めるべきではありません。心理学的に、しかし、固定費を含めるには、この傾向は克服するのは難しい、と多くの人が見当違いと、多くの場合、高価な経営判断につながる、サンクコストの誤謬の犠牲になります。

もちろん、現実には、多くの企業は、彼らが常にゼロに等しくなるように、最大​​差益で動作します。非常に少数の市場が実際に技術的な摩擦、規制や法的環境、およびラグや情報の非対称性に完全競争に近づくためです。企業の管理者は、彼らはしばしば後知恵で生産に意思決定を行い、将来を予測しなければならないことを意味する、リアルタイムで自分の限界費用と収益を知らないかもしれません。また、多くの企業は、中断することなく、需要の急増生産を立ち上げることができるようにするために彼らの最大容量利用率の下で動作します。