KabuGuide.com Blog # A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z NASDAQ NYSE AMEX

Kijunライン(ベースライン)とは何ですか?

また、ベースラインまたはKijun-SENと呼ばれるKijunラインは、一目均衡クラウドインジケータを構成する5つのコンポーネントの一つです。 Kijunラインは、典型的には、それらが交差するときにトレード信号を生成する変換ライン(Tenkan-SEN)と組み合わせて使用​​されます。これらの信号は、さらに、一木インジケータの他の構成要素を介して濾過することができます。

Kijunラインは最後の26回の期間にわたって高と低価格の中間点です。

TradingView。

重要ポイント

価格はKijunライン上にあるときには、最近の価格の勢いが逆さまにあることを示します。価格はKijunラインを下回っている場合には、最近の価格の勢いは欠点にあります。 KijunラインとTenkanラインは、貿易信号を生成するために一緒に使用されています。ベースラインは、最後の26-期間の中間点の価格です。 Kijunライン一木インジケータの5つの構成要素の一つである。### Kijunライン(ベースライン)のための式は

{t..t-26マックス[P:Kijun線(ベースライン)が12×(MAX {t..t-26} [P] +分間{t..t-26} [P])= ] = {t..t-26}最後の26 periodsmin [P]にわたる最大価格が最後の26回の期間にわたって最低価格を= \ {整列}始める&FRAC \ \テキスト{Kijun線(ベースライン)} = { 1} {2} * \左(\最大_ {\ \ {T .. T-26 \を左右}} {\ [P \右】左} + \分_ {\ \ {T .. T-26を残し\右}} {\左[Pの\右]} \右)\&\のtextbf {:} \&\最大_ {\ }} {\左右\ {T .. T-26 \を残し[P \右]} = \テキスト= [Pの\右]}} {\左{最後の26回の期間にわたって最大価格} \&\分_ {\ \ \ {T .. T-26 \右を左} \テキスト{最後の26回の期間にわたって最低価格} \ \端{整列} Kijun線(ベースライン)は、21 *({t..t-26マックス[P] + {t..tを= -26}分[P]):{t..t-26マックス[p]は、最後の26回の期間{t..t-26}分[P]にわたる最大価格が最低価格を==します最後の26の期間にわたって

Kijunライン(ベースライン)を計算する方法

最後の26以上の最高価格は、その後two.Updateすることにより、各期間終了後に計算を分割し、最後の26 periods.Combineハイとローの上に最低価格をperiods.Find下さい。

何Kijunラインはあなたを教えていますか?

Kijunライン、またはベースラインは、一目均衡クラウド指標の一部です。

一目均衡クラウドは、サポートと抵抗を定義する勢いを測定し、売買シグナルを提供して技術的な指標です。その開発者、剛一細田は、「1つのルック平衡チャート」であることをインジケータを設計しました。

一目均衡クラウド指標に含まれていくつかの異なる行があります。

Tenkanセン - 変換LineKijunセン - ベースLineSenkouスパンA - リーディングスパンASenkouスパンB - リーディングスパンBChikouスパン - スパンラギング

大手スパンAとBで構成された「雲」は、一目均衡クラウドインジケータの最も顕著な特徴ですが、それがTenkanラインが交差したとき、Kijunラインは、売買シグナルを生成します。 Tenkanラインは、したがって、それは26回の期間を見Kinjunラインよりも速く移動し、9期の価格中間点です。

TenkanラインがKijunライン上に交差するときには、短期的な価格のモメンタムが上方に移動している信号と、買いシグナルと解釈することができます。

TenkanラインがKijun線の下に交差するときには、運動量が下方にシフトしており、売りシグナルと解釈することができる信号。

売買シグナルは、一目均衡インジケータの他のコンポーネントのコンテキスト内で使用する必要があります。価格は、「クラウド」やスパンA.をリードする上でもある場合たとえば、トレーダーは買い信号を交換することを望むかもしれません

TenkanラインとKijunラインが前後に交差している場合の価格は、トレンドに欠ける、または途切れ途切れのやり方で動いているので、クロスオーバーは、信頼性の高い貿易信号を生成しません。

自分自身で、Kijunラインも価格の勢いを分析するために使用することができます。価格はKijun線上にあると、それは価格が26周期の中間点より上であり、したがって、上方バイアスを有しています。価格はKijunラインを下回っている場合、それは中間点の価格を下回っているので、下向きのバイアスを持っています。

Kijunラインの##例

以下のチャートは、SPDR S&P 500 ETF(SPY)に適用一木クラウドインジケータの例を示しています。

StockCharts.com

上記のグラフにおいて、Kijunラインは赤色であり、Tenkanラインは青色です。簡単selloff後、Tenkanこれは潜在的な買いシグナルだった初期の2016年にKijunの上に移動しました。 2行は、売りシグナルを提供していた2018年まで再び交差しませんでした。この時間のほとんどは、価格が上昇傾向を確認するために支援し、Kijunラインと「クラウド」上にとどまりました。

Kijunラインと移動平均の違いを

Kijunライン期間の設定された数を超えるハイとローに基づいて、移動する中間点です。これは、高および低加算し2で割ることによって計算されます。移動平均(MA)が異なっています。これは、期間の設定された数の終値を合計して、期間の数であることを分割します。 26周期Kijunラインと26周期MAは異なる値を生成するため、異なる情報とトレーダーを提供します。

Kijunラインを使用の制限事項##

非常に強い傾向がある場合を除き、Kijunラインは、多くの場合、価格の近くに表示されます。 Kijunラインは、多くの場合、交差や価格の近くにされている場合、それはトレンドの方向性を評価するために助けるためとして有用ではありません。

同じことがTenkanラインとクロスオーバーのために行きます。ときの価格動向が強く、クロスオーバー信号は非常に有益かもしれません。価格は、クロスオーバー、次のトレンドに失敗した場合しかし、多くのクロスオーバー信号が不採算になります。

それは価格が過去に何をしたかを示すことにKijunラインは、反動的です。指標の計算に内在するいかなる予測的な資質はありません。

Kijunラインは、理想的には価格行動や他のテクニカル指標とともに、一目均衡クラウドインジケータの他の要素と組み合わせて使用​​する必要があります。