KabuGuide.com Blog # A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z NASDAQ NYSE AMEX

カイゼンとは何ですか?

カイゼンは、または「良い方向に変更する」という意味の日本語の用語である「継続的な改善。」これは、継続的に業務を改善し、全従業員を伴うプロセスに関する日本のビジネス哲学です。カイゼンは緩やかと方法論のプロセスとして生産性の向上を見ています。

カイゼンの概念は、アイデアの広い範囲を網羅します。これは、チームの雰囲気を作り出し日常の手順を改善し、従業員の満足度を確保し、かつ、より充実少なく疲れる、より安全な作業を行うことにより、より効率的かつ効果的な作業環境を作る必要。

どのようにカイゼン作品

カイゼンの哲学の主要な目的の一部は、品質管理、ジャストインタイム納入、標準化作業、効率的な機器の使用、及び廃棄物の排除が含まれます。カイゼンの全体的な目標は、企業内の改善を作成するために、一定期間の小さな変更を加えることです。それは変化が緩やかに起こるという意味ではありません。それは単に小さな変化は今、将来的に大きな影響を持つことができることを認識しています。改善はいつでも従業員から来ることができます。アイデアは、誰もがより良いビジネスモデルを作るために、すべての回で、努力しなければならない会社の成功とみんなの株式を持っているということです。

多くの企業は、カイゼンの概念を採用しています。最も顕著なのは、トヨタは、組織内のカイゼンの考え方を採用し、そのコアバリューの一つとして、それを尊敬しています。生産体制の中で、トヨタは、潜在的な改善の領域を特定し、実行可能なソリューションを作成するために、すべての従業員を奨励し、支援します。

ファストファクト

ソリューションを特定するトヨタのプロセスは「カイゼンブリッツ」と呼ばれる###カイゼンするための要件

チームワーク、個人的な規律、改善士気、品質、および改善のための提案:カイゼンの伝統的な日本のアイデアは、5つの基本的な教義に従ってください。無駄の排除、良いハウスキーピング、および標準化:これらの5つの信条は、三つの主要な成果につながります。理想的には、カイゼンは、それが最終的に従業員に自然になっていること、会社の文化にとても根深いとなります。

カイゼンの概念がそこには完璧な終わりがなく、そのすべてが大幅に改善できることを断定します。人々は進化し、絶えず革新に努めなければなりません。カイゼンの基本原理は、特定のタスクや活動を行う人々は、そのタスク/活動について最も精通しているということです。変化をもたらすためにそれらを含めて、改善のための最善の戦略です。

チームワークは、定期的なチームミーティングを改良、変更、およびプロジェクトに関する議論を含む保持されカイゼン、コアです。 改善は、一般の略PDCAサイクル形式、続く「PLAN-DO-チェック-行為を。」誰もがチームで問題を解決しようとすると期待するかを知っているように、「計画」の部分は変更アウトマッピングが含まれています。 「やる」問題に対する最善のソリューションを実装することを意味します。 「チェック」のステップは、それが働いたかどうかを確認するために、問題の解決策を評価する必要。同社は「行為」のステージを実行すると、それは解決策は、企業の標準となるべきか、それがさらに変更が必要な場合か否かを判断します。管理者はより多くの変更を実施することを決定した場合、カイゼンは、計画段階に戻って処理をやり直します。

重要ポイント

カイゼンは、生産性が徐々に、すべての従業員が関与することによって改善することができるという考え方です。小さな変化は、品質管理、ジャストインタイム納入、標準化作業、効率的な機器の使用を含むことができ、かつwaste.Changesの除去は、任意の従業員いつから来ることができると、ゆっくりと起こることはありません、カイゼンは単に認識しています小さな変化は今、大きな将来の影響を持つことができること。