KabuGuide.com Blog # A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z NASDAQ NYSE AMEX

請求書とは何ですか?

請求書は、買い手と売り手の間の取引を項目別にして記録し、商業文書です。商品やサービスをクレジットで購入した場合は、請求書は、通常、契約の条件を指定し、支払いの利用可能な方法で情報を提供します。請求書の種類には、領収書、販売の請求書、デビットメモ、または販売請求書を含むことができます。

企業は、単純にすべての未処理トランザクションの請求書として月末文を送信するために選ぶことができます。この場合、文は、後続の請求書が送られないことを示す必要があります。歴史的に、請求書は、多くの場合、買い手と売り手、それぞれが自分の記録のための取引の記録を持っているように、生成された複数のコピーを、紙に記録されています。現在、コンピュータで生成された請求書は、非常に一般的です。彼らは、必要に応じて紙に印刷したり、取引の関係者に電子メールで送信することができます。電子記録も簡単に検索し、特定のトランザクションまたは特定の日付のソートが可能になります。

販売条件が変更される場合がありますが、プロフォーマインボイスは、バインディング契約です。 午前1時10分 請求書

請求書の基礎知識

請求書は、それが法案の顔に請求書で述べなければなりません。それは、典型的には、内部および外部の参照のために有用である請求書番号と呼ばれる一意の識別子を有しています。請求書は、一般的に、課金に関するエラーがある場合には販売者やサービスプロバイダの連絡先情報が含まれています。

支払条件は、請求書に概説され、ならびに任意の割引、早期支払いの詳細や支払い遅延を評価金融費用に関する情報であってもよいです。また、アイテム、購入した全単位、貨物、取扱い、輸送、および関連する税務上の費用の単価を提示し、それが支払うべき総額の概要を説明します。

プロフォーマインボイスは、出荷や納品の前に買い手に送信された販売の予備的な法案です。請求書は通常、出荷重量と輸送費用として購入したアイテムやその他の重要な情報を説明します。プロフォーマインボイスは、多くの場合、特に輸入関税の目的のために、国際取引に遊びに来ます。

あなたはいつも、紙や電子フォームのための税の目的で、あなたの請求書や領収書、両方のコピーを維持する必要があります。 請求書の日付の重要性

請求書の日付は、商品が請求され、取引が正式に記録された正式な日付を表します。それは法案のクレジット期間及び期日を指示したがって、請求書の日付は、支払いに関する重要な情報を持っています。これは、請求書の実際の期日が30日、請求書の日付より後に通常であるように、ネット30として、クレジットを提供するエンティティのために特に重要です。

E-請求書発行

コンピュータ時代の到来以来、人々や企業は、簡単に紙の文書に代わるものとして、電子請求に依存することが分かってきました。電子請求、または電子請求書は、生成店と当事者間の取引関係書類を監視し、その契約の条件が満たされていることを確認するために電子請求の形です。

これらの電子文書は、請求書や領収書、発注書、デビットカード、クレジットメモ、支払条件や命令、および送金伝票を含むことができます。デジタル請求書は、通常、電子メール、ウェブページやアプリを経由して送信されます。利点は、以下のものがあります。

検索して印刷したり、データ収集や紙の使用のビジネスintelligenceReductionためdemandThe能力に再現するために具体的名称、用語、またはdatesIncreased auditabilityThe能力のソートの物理damageEaseに永続性と耐

E-請求は、いくつかの技術および入力オプションが含まれており、請求書を電子的に支払いのための顧客に提示される任意の方法を記述するための一般的な用語として使用されます。このようEDIFACTやUBLのようないくつかの電子請求書発行基準は、採用と効率化を促進するために、世界に周りに開発されています。

重要ポイント

請求書は、店舗からの買い手とseller.A紙レシート間の取引を項目別にして記録し、商業文書は、一般的な消費者のinvoice.Invoicesは、内部統制および監査を会計の重要な要素ですです。請求書の料金は、一般的に支払条件、ユニットコスト、出荷、取り扱い、およびトランザクション中に概説され、他の条件を概説責任ある管理personnel.Invoicesによって承認されなければなりません。請求書は、紙の形であってもよいが、電子請求書がはるかに一般的になってきました。 請求書や買掛管理

請求書は、在庫管理、会計・税務の目的のために、製品の販売を追跡します。多くの企業が製品を出荷し、後日の支払いを期待し、そのため、合計額は、買い手と売り手のための受取口座の買掛金となります。

現代の請求書ではなく、紙ベースのものよりも、電子的に送信されます。請求書が失われた場合、買い手は売り手からのコピーを要求することができます。請求書の使用は、売り手が商品を送ったり、フロントまで現金を受け取ることなくサービスを提供してきたように、信用の存在を表しています。

請求書は、顧客が財・サービスを注文する前に作成された発注書、異なっています。 請求書と内部統制

請求書は、内部統制の会計の重要な要素です。請求書の料金は責任ある管理者によって承認されなければなりません。また、請求書は発注書に適合している、との情報を照合する際、支払いが承認された取引のために作られています。監査法人は経費カットのためにテストするときに請求書が適切な会計期間に入力されることを保証します。