KabuGuide.com Blog # A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z NASDAQ NYSE AMEX

社内ベンチャーとは何ですか?

用語の社内ベンチャーは、従業員が会社または他の組織内の起業家のように行動することを可能にするシステムを指します。 Intrapreneursは自己やる気、積極的、かつ革新的な製品やサービスを追求するためのイニシアチブを取るアクション志向の人々です。 intrapreneurは、組織が障害から発生する損失を吸収するので、それは起業家の場合と同様に個人的な費用を持っていない失敗を知っています。

重要ポイント

社内ベンチャーは、プロアクティブ、organization.Intrapreneurs内起業家のように行動する従業員が自己動機づけられていることができるシステムであり、リーダーシップスキルを持っているとbox.Intrapreneurship外側を考える行動志向の人起業-intrepreneursに向けた一歩で使用することができます彼らは自分のビジネスを開発するチームの一員として学びました。### Intrapreneurshipsを理解します

社内ベンチャーは、従業員が、会社と従業員の双方の利益のために彼らの起業家のスキルを使用できるようにすることで起業家の環境を作成します。これは、従業員に実験する自由だけでなく、組織内の成長の可能性を提供します。

最適な解像度を見つけるためにしようとしたとき、里親自律性と独立性をIntrapreneurships。たとえば、社内ベンチャーは、研究対象グループ内の会社のブランドに、より効率的なワークフローのチャートをお勧めしますか、企業文化に利益をもたらすための方法を実装するために、従業員が必要な場合があります。

雇用者は、これらの従業員を認識することが重要です。社内ベンチャーを促進またはintrapreneurial精神を発揮従業員を認識しないことにより、ブランドや企業にとって有害となり得ます。社内ベンチャーを奨励する雇用主は、それが全体としての部門や会社の成功につながるため恩恵を受ける。これらの従業員を維持する技術革新と成長につながることができます。それらを促進しない企業は他の企業にintrapreneursを失う可能性があり、または、彼らは自分たちのために働いてしまうことがあります。

intrapreneursを特定することは、時には困難な場合があります。これらの従業員は、一般的に野心的なゴール指向の両方とも、自己スターターです。彼らはしばしば自分自身で問題を解決し、改善を処理するためにつながるアイデアを思い付くことができます。 intrapreneurはまた、いくつかの彼または彼女が快適であることと、そして新たな挑戦を探していないことが、複数であっても作業を想定して一定のリスクを取ることがあります。

起業家が自分の使用中Intrapreneursは、企業のリソースを使用する使命を帯びている。###特別な考慮事項

社内ベンチャーが起業に向けた一歩です。 Intrapreneursは、すべての起業家であることに添付リスクのいずれかなしに、ビジネスのコンテキスト内の既存の商品やサービスを強化するために彼らの創造性を開発し、使用することができます。チームの一員として、これらのスキルを使用すると、intrapreneurテスト理論をすることができますし、問題を解決するための最も効果的である方法を決定します。

Intrapreneursは、彼らが自分の会社を作成し、むしろ彼らの考えから別の組織の利益をさせるよりも、彼らのハードワークの恩恵を享受するために、組織のチームの一員として学んだ使用することができます。

Intrapreneursの##種類

組織内の誰もが恩恵を受け、問題を解決するときに、すべての年齢層から従業員を含めることにより、回答の様々なものが提案され、解像度がより効率的な方法で決定します。新世紀世代の大半は仕事のintrapreneurialスタイルを採用しています。作業しているとき彼らは意味、創造性と自律性を望みます。新世紀世代は、彼らが自分の会社の成長を助けるよう、独自のプロジェクトを開発したいです。

Intrapreneursの特徴

Intrapreneursは、このような生産性の向上やコスト削減などの特定の問題を解決することができます。これは、スキル、すなわちリーダーシップスキルの高いレベルを必要とし、ボックスに直接割り当てには適用外に考えて。 intrapreneurも良く増加し、商品やサービスを通じて市場にサービスを提供するために、ビジネスの範囲内のリスクとドライブの技術革新をとります。

成功intrapreneurは、所望の結果を達成するまで、自分のアイデアをテストしながら、不快されて快適です。彼または彼女はまた、市場の動向を解釈し、同社が先にその競争の滞在するように進化する必要がありますどのように視覚化することができます。 intrapreneurは、同社のバックボーンの一部と組織の未来をマッピングする駆動力です。

社内ベンチャーの##例

ラムジHaidamus、ノキア・テクノロジーズの社長は、しばしば会社と彼の取り組みのintrapreneurを考えられています。彼は、彼はアイデアのより多くの共有につながったと組織に大きな付加価値をオープンオフィスを信じて2014年に彼の仕事を始めから3ヶ月以内に、個々の事業所を廃止することを決めました。 Haidamusは、一度市場で成功しているの最大のチャンスを持っていた技術を決定するために、個別に、100人の以上のエンジニアにインタビュー。