KabuGuide.com Blog # A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z NASDAQ NYSE AMEX

インフレ調整後リターンは何ですか?

インフレ調整後リターンを考慮した期間のインフレ率を取るリターンの尺度です。インフレ調整後のリターンは、インフレの影響を除去した後、投資収益を明らかにする。投資のリターンからの膨張の影響を除去することは、投資家が対外経済力せずにセキュリティの真の収益性を確認することができます。

どのようにインフレ調整後リターン作品

各国のインフレ率は、見返りに計上されたとしても、戻りの実質金利として知られている、インフレ調整後リターンは、投資、国境を越え特にを比較するために使用することができます。投資のパフォーマンスを分析する際、インフレを調整しなければ、投資家は現実から完全に異なる画像を得ることができます。インフレ調整後収益は、このようにリターンのより現実的な尺度です。

例えば、債券投資は前年に2パーセントを獲得していると報告されていると仮定します。これは、ゲインのように見えますが、おそらくインフレ率は昨年は2.5%でした。基本的に、これは投資がインフレについていくと効果的に0.5パーセントを失っていなかったことを意味します。

別の例として、株価は昨年12%を返却し、インフレ率が3%だったと仮定します。リターンの実質金利の概算は9%、または12%と報告リターン少ないインフレ量です。

重要ポイント

実質リターンとして知られているtime.Also以上の投資のパフォーマンスにインフレの影響のためのインフレ調整後リターンアカウントは、これはパフォーマンスがbeen.Inflationが正のリターンの大きさを小さくし、大きさを増加します持っているかのより現実的な比較を提供損失の。###インフレ調整後リターンを計算します

インフレ調整後リターン式。 Investopedia

インフレ調整後リターンを計算すると、3つの基本的なステップが必要です。まず、投資に対するリターンを計算しなければなりません。第二に、期間のインフレ率を計算しなければなりません。そして第三に、インフレ量は、幾何学的に投資のリターンの外にバックアップする必要があります。例として:

インフレ調整後リターンの##例

投資家が$ 75,000のために与えられた年の1月1日に株式を購入すると仮定します。今年の終わりには、12月31日に、投資家は$ 90,000のための在庫を販売しています。今年の過程で、投資家は配当金は$ 2,500受けました。今年の初めに、消費者物価指数(CPI)は12月31日には700にあった、CPIは721のレベルでした。

ステップ1次の式を使用して、投資のリターンを計算することです。

/(以降価格)=(90,000 $ - $ 75,000の+ $ 2,500)/ $ 75,000の= 23.3%パーセント - =(以降代金+配当金価格エンディング)を返します。

ステップ2は、以下の式を使用して、期間にわたって膨張のレベルを計算することです。

膨張=(終了CPIレベル - CPIレベルの開始)/以降CPIレベル=(721から700)/ 700 = 3%

ステップ3は、以下の式を使用してバックインフレ量出て幾何学的にすることです。

インフレ調整後リターン=(1 +株式リターン)/(1 +インフレ) - 1 =(1.233 / 1.03) - 1 = 19.7%

膨張戻る化合物ので、手順3で数式を使用する必要があります。投資家は、単に23.3パーセントから3%を差し引くことにより、線形推定値を取る場合、彼は、この例では0.6%高すぎる20.3パーセントの膨張・リターンに到達します。

ツールとしてのインフレ調整後リターン対名目使い方

彼らは非常に現実世界の視点に物事を入れているため、インフレ調整後リターンを使用すると、多くの場合、良いアイデアです。それはその過去の実績ではなく、日々、毎週あるいは毎月一見に来るときの投資は長期的にやっているのかに焦点を合わせることが多い優れた画像を提示することができます。しかし、名目リターンがインフレ調整後、それらの上で動作する正当な理由があるかもしれません。名目リターンはどんな税金、投資手数料やインフレの前に生成されます。私たちは、「今ここ」の世界に住んでいるので、これらの名目価格とリターンは我々が前進するために、すぐに対処するものです。だから、ほとんどの人は、投資の高い、低価格は、将来の見通しではなく、その過去の実績を基準とし方法のアイデアを得ることになるでしょう。インフレ調整際要するに、どのような価格は、投資家は明日それを購入する場合、必ずしも重要ではありません5年前に善戦しました。