KabuGuide.com Blog # A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z NASDAQ NYSE AMEX

保有期間リターン/収量は何ですか?

期間リターンを保持することは、一般にパーセンテージとして表さ保持期間として知られている、ある期間にわたって資産の資産またはポートフォリオを保持するから受け取った総収益、です。保有期間のリターンが資産またはポートフォリオ(収入プラス値の変化)からのトータルリターンに基づいて算出されます。これは、異なる期間のために保有する投資の間のリターンを比較するために特に有用です。

1時35分 保有期間リターン/収量

保有期間リターンのための式は、

次のように複数の年間のリターンのための保有期間リターン(HPR)と年率HPRを計算することができます。

保有期間リターン式。 Investopedia

こうした四半期や年など一定の時間帯のために計算された戻り値は、同様に、保持期間のリターンに変換することができます。

保有期間リターンを理解します

期間リターンを保持することは、したがって総収益は、一般にパーセンテージとして表さ特定の期間にわたって資産の資産またはポートフォリオを保持するから受信されます。保有期間のリターンが資産またはポートフォリオ(収入プラス値の変化)からのトータルリターンに基づいて算出されます。これは、異なる期間のために保有する投資の間のリターンを比較するために特に有用です。

セキュリティの買収後の日に開始し、その処分または売却の日まで継続し、保有期間は、税務上の影響を決定します。彼女の保持期間を決定する場合たとえば、サラは1月2日、2016年に株式の100株を買って、彼女はそれが新しい月のスタートとしてカウントした後にかかわらず、1月3日、2016年の各月の三日目のカウントを開始します日数各月が含まれています。

サラは2016年12月23日に彼女の株式を売却した場合、彼女の保有期間が1年未満であるため、彼女は短期的なキャピタルゲインやキャピタル・ロスを実現します。彼女は2017年1月3日に彼女の株式を販売している場合は、彼女の保有期間が1年以上あるので、彼女は長期キャピタルゲインまたは損失を実現します。

重要ポイント

期間リターン(または歩留まり)を保持することは、保持期間held.Aされていることを時間の間、投資で獲得トータルリターンで投資が投資家によって保有された時間の量である、またはの購入と売却までの期間期間リターンをsecurity.Holdingすることは、時間に異なる期間で購入した投資に対するリターンとの比較のように製造するのに有用である。###ホールディング時復帰/収量の例

以下は、計算保持期間リターンのいくつかの例です:

1.在庫が今$ 60において取引されている場合は、$ 50において年前に株式を購入し、年間配当金$ 5受けた投資家のためのHPRは何ですか?

HPR = 5 +(60から50)] / 50 = 30%

2.投資が優れた性能を発揮:ディストリビューションで$ 5を設ける、3年前から開催され、$ 100から$ 150から高く評価されたミューチュアル・ファンドのXを、または$ 200 $ 320から行って、4年間のディストリビューションで$ 10生成されたミューチュアル・ファンドB、?

ファンドX =用HPR [5 +(150から100)] / 100 = 55%

ファンドBのHPR = 10 +(320から200)] / 200 = 65%

注意:ファンドBは、より高いHPRを持っていましたが、それは基金Xが開催されたために3年とは対照的に、4年間開催されました。期間が異なるため、これは年率HPR必要以下に示すように、計算します。

年率HPRの3計算:

= 15.73パーセント1 - ファンドX =(0.55 + 1)1/3のための年率HPR

1 = 13.34パーセント - ファンドB =(0.65 + 1)1/4年率HPR

このように、低HPRを持つにもかかわらず、基金Xは、優れた投資でした。

4.あなたの株式ポートフォリオは、与えられた年の4四半期、次のリターンを持っていた:+ 8%、-5%、+ 6%、+ 4%。それはどのように年間12%のトータルリターンを持っていたベンチマーク指標、と比較しましたか?

1 = 13.1% - あなたの株式ポートフォリオ= [ - X(1 + 0.06)×(1 + 0.04)(1 + 0.08)×(0.05〜1)]をHPR

あなたのポートフォリオには、そのため、%ポイント以上でインデックスを上回りました。 (ただし、ポートフォリオのリスクも追加リターンが大幅に高いリスクを取ることによって生成されたかどうかを評価する指標のそれと比較する必要があります。)