KabuGuide.com Blog # A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z NASDAQ NYSE AMEX

まず住宅ローンとは何ですか

最初の住宅ローンは、住宅ローンを確保財産上の主要な先取特権です。最初の住宅ローンは、プロパティのために支払う主要な融資であり、債務不履行が発生した場合の財産上の他のすべての先取特権または特許請求の範囲よりも優先されます。

最初の住宅ローンは、借り手の最初の家のローンではありません。それは、いずれかのプロパティに撮影したオリジナルの住宅ローンです。

また、第リエンと呼ばれています。

重要ポイント

最初の住宅ローンは、mortgage.The第二抵当権を確保財産上の主な先取特権は、他のプロジェクトに資金を供給するために、ホーム・エクイティに対する借入金でされ、最初の住宅ローンのexpenditures.Ifローン・トゥ・バリュー(LTV)比率が80以上であります%、貸し手は一般的に最初の住宅ローンに支払った民間住宅ローンのinsurance.Theの住宅ローンの金利が彼らの納税申告の費用を箇条書きに納税者にのみ適用、税控除である必要があります。###まず住宅ローンを理解します

個人が不動産を購入したいときは、融資機関からの融資で購入資金を調達することもできます。貸し手は、住宅ローンや住宅ローンは、元本および利息の支払いの一部を含む毎月の分割払いで返済することを期待しています。ローンが自宅で固定されているので、貸し手は、プロパティの先取特権を持っています。家を購入するために住宅購入者によって取り出されたこの住宅ローンは、最初の住宅ローンとして知られています。

最初の住宅ローンは、プロパティの上に取り出し、元のローンです。住宅購入者は、彼または彼女の名前で複数のプロパティを持つことができます。しかし、それは最初の住宅ローンを構成するの各プロパティを確保するために取り出し、元の住宅ローンです。財産所有者は、彼の3つの家庭ごとに住宅ローンを取り出した場合、3住宅ローンのそれぞれは、最初の住宅ローンです。

用語「最初の住宅ローンは、」プロパティ上の他の住宅ローンがあるかもしれないことを理解することが1をリードしています。オリジナルと最初の住宅ローンがまだ有効である一方、住宅所有者は、このような第二抵当として、別の住宅ローンを取ることができます。第二住宅ローンは、他のプロジェクトと支出を賄うためにホームエクイティに対して借りたお金です。しかし、第2抵当と同じ敷地内に取り出し、他のその後の住宅ローンは、最初の住宅ローンに従属しています。これは、二次住宅ローンが支払われる前に、最初の住宅ローンを支払っていることを意味します。

まず、住宅ローンの例##

例えば、住宅購入者が自宅のプロパティの$ 250,000最初の住宅ローンを確保した場合、数年後に同じプロパティの$ 30,000個第二抵当権を取得し、最初の住宅ローンは、第二抵当に先輩です。彼の支払の借り手のデフォルトは、彼はすでに、元の融資額の$ 50,000返済した後、彼の財産は抵当流れとローンをカバーするために販売されています。 $ 210,000までの財産和の売却による収入は、最初の住宅ローンの貸し手が負ってバランスを受信する場合、それは$ 200,000。第二住宅ローンの貸し手は、この場合には$ 10,000ですこれは、残っているものは何でも受け取ることになります。最初の住宅ローンは、二次クレームに優先します主な主張であるため、第2順位抵当貸付は通常、最初の住宅ローンよりも高い金利を命じます。

まずMortageとLTV ##

最初の住宅ローンの融資・トゥ・バリュー(LTV)比率が80%以上である場合には、貸し手は一般的に、民間抵当保険(PMI)が必要です。このような場合には、時には80%LTVに第一抵当のサイズを制限し、必要な残量を借りて二次融資を使用する借り手のために経済的であることができます。第二のローンを使用して対PMIを支払うの経済性は、主に借り手が彼または彼女の家の値が増加することを期待する速度に依存します。 PMIは、第一抵当のLTVは78%に達したときに排除することができます。しかし、一般的に最初の住宅ローンよりも高い金利を運ぶ二先取特権は、第1および第2順位抵当貸付の残高と同額のための最初の住宅ローンの借り換えを通じて最も可能性が高い、オフを支払わなければなりません。

まず、住宅ローンの##税金

最初の住宅ローンに支払わ住宅ローンの金利は税控除です。これは、住宅所有者は、課税年度のためのローンに支払われた利息の額によって彼らの課税所得を減少させることができることを意味します。しかし、住宅ローンの利子税の控除は、彼らの納税申告書上の費用を箇条書きに納税者にのみ適用されます。