KabuGuide.com Blog # A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z NASDAQ NYSE AMEX

エスクローエージェントは何ですか?

エスクローエージェントは、トランザクションが確定されたか、不一致が解消されつつ、第三者の信頼にプロパティを保持している個人または団体です。エスクローエージェントの役割は、多くの場合、弁護士(または民法管轄内公証人)で再生されます。エスクローエージェントは、エスクロー契約の両当事者への受託者責任を持っています。

エスクローエージェントを説明しました

エスクローエージェントは、本質的にエスクロー契約の文脈における中性仲介者としての役割を果たす。彼らは彼らのトランザクションが完了するまで、サードパーティが自分に代わって資産を保有すべきであることに同意することによりエスクロー契約は、両当事者間の契約です。資金や資産は、それが適切な指示を受信するまでエスクローエージェントによって保持されているか、所定の契約上の義務が履行されるまで。お金は、不動産の証券、ファンド、およびタイトルは、すべてのエスクローで開催することができます。

エスクローエージェントおよび評議員

受託者の役割およびエスクローエージェントの役割との間に類似性があるが、有意差は同様にあります。二つの役割は、第三者が他の誰かのために、「信託」プロパティを保持し、受託者の義務があり、それぞれの場合にという点で類似しています。ただし、受託者は、信託の受益者(または受益者)に向けての義務を持っており、彼らの最高の利益のために行動しなければなりません。これとは対照的に、エスクローエージェントの義務は、取引の両当事者に向かっている、と彼らはしっかりエスクロー契約の条項に拘束されています。

不動産取引における##エスクローエージェント

エスクローエージェントは、一般的に、家庭や他の不動産を売却または購入に関連しています。米国を含むいくつかの法域では、彼らはタイトルのエージェントと呼ぶことができます。これらのケースでは、エスクローエージェントは、プロパティを確保し、販売条件は、このように取引における買い手と売り手の両方を提供し、それぞれの端に満たされていることを確認する書類を調べます。

それは家を売ることになるとエスクローエージェントは、タイトルの会社かもしれません。買い手と売り手の両方の条件がすべて満たされるまで、このような場合には、タイトルの会社がエスクローでの行為を保持しています。買い手は、トランザクションを検証し、直前の決算条件が満たされるまで、販売者を安心させるように働くエスクローエージェント、との購入のためにお金を入金します。

要約すると、エスクローエージェントは、ビジネスまたは個人であるかどうか、彼らが提供目的は、中立の、会議お互いに終わったことがない者を含むことができる取引に第三者を信頼できるということです。