KabuGuide.com Blog # A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z NASDAQ NYSE AMEX

雇用庁の手数料は何ですか?

彼らは雇用主で、適切な従業員を配置することに成功したときに雇用代理店手数料は、雇用機関に支払われます。このような手数料は、配置の難易度に基づいて、可変、業界、位置、市場の状況、および他のいくつかの要因です。彼らは代理店の裁量であるとして手数料は、1つの雇用機関から別のものに広範囲に変化し得ます。雇用契約は、雇用の条件として、開始する前にこのような手数料は、様々な問題について合意に来雇用主と従業員の偶発的かもしれません。雇用代理店手数料もと呼ばれることもある「配置代理店手数料。」

雇用庁の手数料を説明します

雇用者賃金料と申請者-有給料金:雇用代理店手数料の2種類があります。雇用者賃金報酬の下では、雇用者は、料金の合計責任を負うものとします。従業員は何も払いません。伝統的に、これは報酬協定のより一般的なタイプで、雇用機関によって好まれます。従業員は、これまで役割の補償を占めたときに雇う会社は彼らの雇用コストも考慮するよう料は、彼らの就職に添付されていることに気付かないことがあります。

申請者賃金(または従業員に支払わ)報酬協定の下では、雇用の代理店手数料は、雇用を見つけるのサービスのために申請者に課金費用のことです。これは、通常の雇用を取得するためのクライアント・従業員への充電1回限りの料金です。また、契約期間中に労働者の時給の一部を主張する(人材派遣会社として作用する)雇用機関を伴ってもよいです。労働者は$ 49時間で12ヶ月契約の位置を提供された場合、雇用企業が実際に$ 60時間の反応を予算計上した可能性があります。雇用庁は、従業員が今まで配置の知らなくても、差やワンタイム料の代わりに差の部分をポケットがあります。

雇用仲介手数料動向

通信、IT企業の急増で、雇用者に支払わ手数料配列の異なるタイプがあります。いくつかの雇用機関は、雇用主となっていると雇用の会社は彼らから、そのような従業員のサービスのために契約することができます。同社は、従業員のための代わりの従業員に雇用庁に月額料金を支払います。雇用機関によって提供される従業員は代理店ではなく、会社の従業員残ります。

雇用機関は、このような公的機関や民間企業として、雇用主の任意の型から手数料を稼ぐことがあります。別の雇用機関は手数料を交渉し、充電の異なる方法を有することができます。どのように、どのくらいの手配料として課金するかは、そのような仕事や労働市場の需給など、様々な要因に依存してもよいです。