KabuGuide.com Blog # A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z NASDAQ NYSE AMEX

CRM - ##顧客関係管理は何ですか?

顧客関係管理(CRM)は原則、プラクティス、およびその顧客と対話するとき、組織は、次のガイドラインを参照します。ビューの組織の観点から、この全体の関係は、このような販売・サービス関連のプロセスとして顧客との直接的な相互作用を包含する、お​​よび顧客の動向や行動の予測と分析。最終的に、CRMは、顧客の全体的な経験を強化するのに役立ちます。

重要ポイント

カスタマー・リレーションシップ・マネジメントは、そのcustomers.CRMは、多くの場合、クラウドCRM技術の成長のcustomers.Major分野と外部の相互作用を管理するのに役立つソフトウェアを含んテクノロジー企業やシステムを参照するために使用されると対話するとき、組織は以下の原則、プラクティス、およびガイドラインを含みコンピューティング、および人工知能###カスタマリレーションシップマネジメントを理解する - 。CRM

CRMの要素は、同社のウェブサイトやメールから大量のメッセージと電話通話の範囲。ソーシャルメディアは企業が一番下の行の利益の動向に適応する一つの方法です。 CRMの全体のポイントは、同社が顧客を返すの成長の基盤を作ることができるように戻ってきて、それらを保つために、顧客との肯定的な経験を構築することです。

ますます、CRMは、技術システム企業を参照するために使用されている用語は、発見から教育、購入、および購入後に、顧客のライフサイクル中にすべての点で顧客とその外部の相互作用を管理するために従事することができます。

2018年以上$ 400億と推定グローバルな市場価値で、CRM技術が広く大部分はより広範なサービスとしてのソフトウェア(SaaS)市場を含む最も急成長しているエンタープライズソフトウェアのカテゴリとして引用されています。 CRM市場で最大の選手の五今日は、クラウドコンピューティングの巨人のSalesforce、マイクロソフト、SAP、Oracleおよびアドビシステムズが含まれます。

CRMは、企業が顧客との相互作用が、より一般的にこれらの関係を管理するために使用される技術を指しているすべての態様を含む###カスタマリレーションシップマネジメントの種類 - 。CRM技術を

CRMソフトウェア

特別CRMソフトウェアは、企業は、そのような連絡先データ、購入履歴や顧客サービス担当者との以前の接触などのデータへの容易なアクセスを与えるために一箇所に顧客情報を集約します。このデータは従業員が、顧客のニーズを先取りし、顧客の更新を認識し、それが売り上げになるとパフォーマンス目標を追跡し、クライアントと対話することができます。 CRMソフトウェアの主な目的は、相互作用がより効率的かつ生産的にすることです。 CRMモジュール内の自動化された手順は、製品やサービスの顧客の選択に基づいて販売チームのマーケティング資料を送っています。プログラムはまた、要求を満たすためにかかる時間を短縮するために、顧客のニーズを評価します。

CRMのクラウドソリューション

クラウドベースのシステムでは、限り、コンピュータ、スマートフォン、ノートPCやタブレットがインターネットに接続して、オフィスでの販売代理店に、フィールドにリアルタイムのデータを提供します。このようなシステムは、顧客情報へのアクセス性を高め、その他のCRM製品やソフトウェアに関わる時々、複雑なインストールプロセスを排除誇っています。

このタイプのシステムの利便性は、しかし、トレードオフがあります。会社が廃業や買収に直面している場合は、顧客情報へのアクセスが危険にさらされるようになることがあります。事業は、互換性の問題を持っている場合、それはソフトウェアのこの種の異なるベンダーに移行する場合があります。また、クラウドベースのCRMプログラムは通常、社内のプログラムよりもコストがかかります。

CRM人間のマネジメントと人工知能

CRMを支援するために、世界のコンピュータ・ソフトウェアのすべては、人間から適切な管理と意思決定せずに何を意味します。プラス、最高のプログラムは、人間が容易に解釈し、自分に有利に使用することができるような方法でデータを整理します。成功するCRMのために、企業は有用な情報と余計なデータを識別するために学ばなければならないと従業員が顧客に関する不正確な情報を与える可能性があり、重複や不完全なレコードを取り除く必要があります。

グランドビュー・リサーチは、CRM市場は2025年に超える$、80億2017年に$ 36.5億円から成長すると推定します。 この人間の必要性にもかかわらず、業界アナリストは、ますます人工知能の応用が近い将来にCRM管理やCRM市場に持っていることの影響を議論しています。 AIは、販売サイクルをスピードアップ価格と流通物流を最適化し、サポートコールのコストを削減し、解決率を高め、かつ不正検出による損失を防止することにより、CRM活動を強化することが期待されます。

SalesforceとMicrosoftはすでに、既存のCRMシステムにAIのコンポーネントを統合し始めているものの、CRMのための有形AIアプリケーションは、しかし、採用の初期段階にあります。