KabuGuide.com Blog # A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z NASDAQ NYSE AMEX

資本金とは何ですか?

資本金はコストが資産の価値に含まれ、その資産の耐用年数にわたって費用計上ではなく、コストが最初に発生した期間に費用計上されている会計処理の方法です。金融では、時価総額は企業の株式、長期借入金の形で資本コストを意味し、利益剰余金。また、時価総額は株価を乗じた発行済株式数を指します。

午前1時45分 大文字

理解大文字

資本金は、会計とファイナンスの2つの意味があります。会計では、時価総額は、貸借対照表上の資産ではなく、損益計算書上の費用として現金支出を認識するために採用した会計ルールです。金融では、時価総額は、企業の資本構造の定量的評価です。

重要ポイント

会計では、大文字と小文字はコストがasset.Inファイナンスの値に含まれている場合、大文字と小文字または簿価は、同社の債務とequity.Market総額の合計は、同社の発行済株式のドルの値であるとして計算されますが発生します発行済株式の総数を乗じた現在の市場価格。 会計の総額

会計では、費用収益対応の原則は、関連する収益が計上されているのと同じ会計期間に費用を記録するために企業が必要となります。例えば、事務用品は、一般的に、彼らは時間の短い期間内に消費されることが期待されているので、それらが発生している期間に費用計上されます。しかし、いくつかの大規模オフィス機器は、複数の会計期間にわたって、ビジネスに利益を提供することができます。これらの項目は、コンピュータ、自動車、オフィスビルなどの固定資産、です。これらの項目の費用は、資産の取得原価として総勘定元帳に記録されます。したがって、これらの費用は費用計上ではなく、大文字にすると言われています。

大文字の資産は、現在の会計期間の損益に対して全額費用計上されていません。同社は、大規模な購入をするが、関係するプロパティ、植物、または機器の種類に応じて、長年にわたり、それを費用することができます。資産が企業の収益を生成するために時間をかけて使用されているため、コストの一部は、各会計期間に割り当てられています。このプロセスは、減価償却または償却として知られています。

財務会計基準審議会(FASB)は両方とも、資産として資産計上される12ヶ月の間にすべてのリースを必要とする2016年に新会計基準アップデート(ASU)を発行したことにより、リース設備の場合、総額はキャピタル・リースにオペレーティング・リースの変換でありますそして権利とリースの義務の両方かなり存在し、借手の帳簿上の負債として計上。

一般的に、同社は「時価総額のしきい値を。」に設定しますそれが適切であるかどうその金額以上の任意の現金支出は資産計上されます。重要性は、企業規模で業界を変化するため、企業は、独自の総額のしきい値を設定します。グローバルテクノロジー企業が$ 10,000彼らの総額のしきい値を設定するかもしれないが例えば、ローカルママとパパの店は、$ 500総額のしきい値を有することができます。

財務諸表はコストが誤って大文字にしたときに操作や費用計上することができます。コストを誤って費用計上されている場合は、当期純利益は、それはそうあるべきよりも低くなります。同社はまた、現在の期間に減税を支払うことになります。コストが誤って大文字されている場合は、当期純利益は、それはそうあるべきよりも高くなります。また、バランスシート上の資産は誇張されます。

金融での大文字

時価総額の別の態様は、同社の資本構造を指します。総額は、同社の長期債務、株式の合計であり、資本の簿価コスト、を参照し、利益剰余金ができます。簿価に代わるものは市場価値です。資本の市場価値のコストは、同社の株式の価格に依存します。それは、市場における発行済株式数により、同社の株式の価格を乗じて算出されます。

発行済株式の総数は10億で、株価が現在$に10で販売されている場合、時価総額は$ 10十億です。高い時価総額を持つ企業は、同じ大きさのキャップ($ 10以上十億)と呼ばれています。メディア時価総額を持つ企業は、ミッドキャップ($ 2 - $ 10十億)と呼ばれています。そして、小さな時価総額を持つ企業は、のような小さなキャップ( - $ 2十億$ 300百万米ドル)と呼ばれています。

overcapitalizedまたは過小ことが可能です。利益が資本コストをカバーするのに十分でない場合Overcapitalizationは、債券保有者や株主への配当金の支払いを支払利息として、発生します。利益が高く、収入が過小評価されたため、外資本のための必要はありませんとき過小資本が発生します。