KabuGuide.com Blog # A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z NASDAQ NYSE AMEX

設備投資 - ##資本的支出は何ですか?

一般的に設備投資として知られている設備投資は、取得、アップグレード、および、そのような財産、建物、産業プラント、技術、または機器などの物理的な資産を維持するために、会社が使用した資金です。

設備投資は、多くの場合、しっかりとして、新しいプロジェクトや投資を行うために使用されます。固定資産への資本支出を作ることは、ブランドの新工場を建設し、機器の一部を購入し、建物の屋根を修理からすべてを含めることができます。財政支出のこのタイプは、その業務の範囲を維持または向上させるために企業によって行われます。

言い換えると、設備投資は、同社が大文字という費用のいずれかのタイプである、または投資としてではなく、支出としての損益計算書上のバランスシート上のショー。

設備投資のための式は、

設備投資=ΔPP&E +現在のDepreciationwhere:有形固定資産における設備投資=資本expendituresΔPP&E =変更します。\ begin {整列}&\テキスト{設備投資} =デルタ\ \テキスト{PP \&E} + \テキスト{現在の減価償却} \ \&\ textbf {ここ} \&\テキスト{設備投資} = \テキスト{設備投資} \&\デルタ\テキスト{PP \&E} = \テキスト{特性の変化、プラント、及び機器} \ \エンド{}整列設備投資=ΔPP&E +現在のDepreciationwhere:有形固定資産における設備投資=資本expendituresΔPP&E =変更

1時36分 設備投資(CAPEX)

設備投資を計算する方法

あなたは、同社のキャッシュフロー計算書へのアクセス権を持っている場合、計算は必要ありません。同社のキャッシュ・フロー計算書のセクションを投資からのキャッシュ・フローでは、同社の資本支出を探します。

あなたはまた、同社の損益計算書と貸借対照表からのデータを用いて設備投資を計算することができます。損益計算書では、現在の期間に記録された減価償却費の額を見つけます。貸借対照表に、現在の期間のプロパティを見つけ、プラント、及び機器(PP&E)行項目バランス。

同社の先行期間PP&Eのバランスを見つけて、同社のPP&Eバランスの変化を見つけるために2つの間の差を取ります。同社の現在の期間の設備投資支出に到着するために、現在の期間の減価償却費にPP&Eの変化を追加します。

どのような設備投資メトリックはあなたを教えていますか?

資本的支出は、営業費用(運用コスト)と混同してはなりません。営業費用は、ビジネスを実行しているの継続的な運用コストを満たすために必要な短期的な費用です。設備投資とは異なり、営業費用は完全に費用が発生した同じ年に、同社の税で控除することができます。

設備投資は、企業が事業を維持または拡大する既存および新規の固定資産に投資してどのくらいを伝えることができます。資産が新たに購入した資本資産または一年以上の寿命を持っている、または既存の固定資産の耐用年数を向上させる投資があるときに、会計の面では、費用は資本的支出であると考えられています。一年未満の寿命を持っているような機器などの項目のための費用は、IRSのガイドラインに従って、損益計算書に費用計上しなければなりません。

費用は資本的支出であれば、それは大文字にする必要があります。これは、資産の耐用年数にわたって費用(固定費)のコストを広めるために、会社が必要となります。しかし、費用が現在の状態で資産を維持するものであれば、コストは一般的に費用が計上された年で完全に控除されます。

設備投資は、企業のキャッシュ・フロー計算書における投資活動によるキャッシュ・フローで見つけることができます。さまざまな企業は、いくつかの方法で設備投資を強調表示し、アナリストや投資家は、それが設備投資、不動産、プラントの購入、及び設備(PP&E)、取得費用などの会社がする可能性がある設備投資額としてリスト表示される場合があり持っている、それが占めている業界に依存します。

最も資本集約的な産業のいくつかは、石油開発、電気通信、製造、およびユーティリティ産業を含む設備投資の最高レベルを持っています。例えば、フォード・モーター・カンパニーは、2016年に終了した会計年度のために、同年度のための$ 1.25億PPEを購入しメドトロニックに比べて設備投資額は$が取れて7.46億、持っていました。

重要ポイント

企業は既存のプロパティ、プラント&設備を維持し、新しい技術やその他の資産に投資するための資本的支出が収入statement.CapEx支出で費用計上の代わりに貸借対照表上、記録した商品やサービスに対する支払いである、または大文字にすることが重要ですgrowth.Ifための項目が一年未満の寿命を持っている、大文字ではなく、損益計算書に費用計上しなければならない。###資本的支出を使用する方法の例を

別にその固定資産で、同社の投資を分析することから、設備投資のメトリックは、企業分析のためのいくつかの割合で使用されています。キャッシュ・フロー・ツー・資本支出比率、またはCF / CAPEX比は、フリー・キャッシュ・フローを使用して、長期的な資産を取得するために、企業の能力に関するものです。企業は大小の設備投資のサイクルを経るとキャッシュフロー・ツー・資本支出の比率は、多くの場合に変動します。

1より大きい比率は、同社の事業は、その資産の買収に資金を供給するために必要な現金を生成していることを意味するかもしれません。一方、低比率は、同社が、それゆえ、資本資産の買収を現金流入の問題を持つとされていることを示すことができます。 1未満の比率を持つ企業は、資本資産の買収に資金を供給するためにお金を借りる必要があるかもしれません。

次のように設備投資へのCFが計算されます。

CF /設備投資=キャッシュフローOperationsCapExwhereから:CF /設備投資=キャッシュフロー資本への支出比率は\ {整列}&始める\テキスト{CF /設備投資} = FRAC \ {\事業からのテキスト{キャッシュ・フロー}} {\テキスト{設備投資}} \&\ textbf {。} \&\テキスト{CF /設備投資} = \テキスト{設備投資比率にキャッシュ・フロー} \ \端{整列} CF /設備投資= CapExCashフロー操作からここで、資本支出比率にCF /設備投資=キャッシュフロー

次のように次の式を使用して、フォード・モーター・カンパニーのCF /設備投資は以下のとおりです。

エンド\ $ 14.51億$ 7.46億= 1.94 \ {整列}始める&\ FRAC {\ $ 14.51 \ \テキスト{億}} {\ $ 7.46 \ \テキスト{億}} = 1.94 \ {整列} $ 7.46億$ 14.51億= 1.94

次のようにメドトロニックのCF /設備投資は以下のとおりです。

エンド\ $ 6.88億$ 12.5億= 5.49 \ {整列}始める&\ FRAC {\ $ 6.88 \ \テキスト{億}} {\ $ 1.25 \ \テキスト{億}} = 5.49 \ {整列} $ 12.5億$ 6.88億= 5.49

業界特有の比率であり、唯一の同様の設備投資の要件を持っている別の会社から得られる比と比較する必要があることに注意することが重要です。

資本的支出は、以下の式でしっかりと資本(FCFE)のフリー・キャッシュ・フローの計算に使用することができます。

FCFE = EP-(CE-D)×(1-DR)-ΔC×(1-DR):中equityEP = shareCE当たり利益= CapExD = DepreciationDR =負債ratioΔC=ΔNet首都、変化にFCFE =フリー・キャッシュ・フロー正味運転資本\ {整列}始める&\テキスト{FCFE} = \テキスト{EP} - 時間\ - (\テキスト{D} \テキスト{CE})(1 - \テキスト{DR}) - \デルタ\テキスト{C}回\(1 - \テキスト{DR})\&\ textbf {。} \&\テキスト{FCFE} = \テキスト{エクイティにフリーキャッシュフロー} \&\テキスト{EP} = \テキスト{株当たり利益} \&\テキスト{CE} = \テキスト{設備投資} \&\テキスト{D} = \テキスト{減価} \&\テキスト{DR} = \テキスト{負債比率} \&\デルタ\テキスト{C} = \デルタ\テキスト{正味運転資本の純資本、変化} \ \端{整列} FCFE = EP-(CE-D)×(1-DR)-ΔC ×(1-DR):equityEP = shareCE当たり利益= CapExD = DepreciationDR =負債ratioΔC=ΔNet資本、純運転資本の変化にFCFE =フリー・キャッシュ・フロー

あるいは、それは次のように計算することができます。

FCFE = NI-NCE-ΔC+ ND-DRwhere:NI =ネットincomeNCE =ネットCapExND =新debtDR =債務償還\始める{整列}&\テキスト{FCFE} = \テキスト{NI} - \テキスト{NCE} - \デルタ\テキスト{C} + \テキスト{ND} - \テキスト{DR} \&\ textbf {ここ} \&\テキスト{NI} = \テキスト{純利益} \&\テキスト{NCE } = \ {テキスト純設備投資} \&\テキスト{ND} = \ {テキスト新債務} \&\テキスト{DR} = \ {テキスト債務償還} \ \エンド{}整列FCFE = NI- NCE-ΔC+ ND-DRwhere:NI =ネットincomeNCE =ネットCapExND =新debtDR =債務償還

株式へのフリー・キャッシュ・フロー下、会社のための資本支出大きいです。