KabuGuide.com Blog # A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z NASDAQ NYSE AMEX

キャピタルは何を採用していますか?

また、使用資金として知られている資本採用は、事務所やプロジェクトによって利益の獲得のために使用資本の合計額です。これは、ビジネスやビジネスユニットで使用されるすべての資産の値であり、運転資本への固定資産を加算して算出することができます。または総資産から流動負債を減算することにより。資本を採用することにより、あなたはこのように投資を行います。

使用資本の式は

資本採用=総資産 - 流動負債\始める{揃え} \ {テキスト・キャピタル採用}&= \ {テキスト総資産} - \テキスト{流動負債} \&= \ {テキストエクイティ} + \テキスト{非流動負債} \端{整列}資本使用=総資産、流動負債

午後12時59分 資本就業

どのような使用資本はあなたを教えていますか?

資本金は会社がそのお金を投資する方法のスナップショットを与えることができます採用します。しかし、それは使用することができるので、多くの状況があるので、定義することは非常に困難であると同時に、頻繁に使用される用語です。すべての定義は、一般的に機能するために、ビジネスに必要な設備投資を参照してください。

設備投資は、株式や長期負債が含まれます。また、ビジネスの操作で使用される資産の価値を指します。簡単に言えば、それは資産マイナス流動負債の価値の尺度です。これらの対策の両方がバランスシート上で見つけることができます。流動負債は、1年以内に返済しなければならない負債の一部です。このように、使用資本は総資産のより正確な推定値です。

使用資本は、より良いような(ROCE)使用資本に対するリターンとして分析メトリックを形成するために、他の情報と組み合わせることにより解釈されます。

重要ポイント

総資産から流動負債を減算することによって導出される使用資本。または代わりに所有者のequity.Capital採用に固定負債を追加することによって、あなたに伝えます(ROCE)使用資本にinvestment.Returnで使用するために置かれているどのくらいの投資収益率を決定するための一般的な財務分析指標である。###投下資本に対するリターン(ROCE)

使用資本は、主に(ROCE)を採用資本収益を決定するために、アナリストによって使用されます。資産(ROA)のリターンと同様に、投資家はリターンが将来的にあるかもしれない何のために近似値を得るためにROCEを使用しています。 (ROCE)を採用資本収益は、収益率として考えています。これは、使用資本に純営業利益を比較し、業績の各ドルが使用資本の各ドルで生成されたどのくらいの投資家に伝えます。一部のアナリストは、株主資本利益の上に使用資本に戻り、それを考慮に長期融資を取り、時間の長い期間にわたって、企業のパフォーマンスや収益性のためのより良いゲージであるため、総資産利益好みます。

投下資本の高いリターンは、少なくとも資本、雇用の面で、より効率的な会社を示唆しています。現金は、総資産に含まれているので、より多くの数も、手持ちの現金の多くの企業を示すことができます。その結果、現金の高レベルは時々このメトリックをゆがめることができます。

使用資本によって、採用資本収益純営業利益を除して算出された、または関心と税前利益(EBIT)。それを計算するための別の方法は、総資産と負債の違いにより利息及び税金等調整前利益を分割することです。

投下資本のうち##例

のは、2017年に終了した年度の法人-3ハイテク企業 - アルファベット株式会社、アップル社とマイクロソフトによって使用資本の歴史的なリターンを計算してみましょう。

(単位:百万ドル) アルファベット 林檎 マイクロソフト

EBIT $ 24,274 $ 66,412 $ 29,339

総資産(TA) $ 147,461 $ 375,319 $ 241,086

流動負債(CL) $ 19,310 $ 100,814 $ 64,527

TA - CL $ 128,151 $ 274,505 $ 176,559

使用資本に戻します 0.1894 0.2419 0.1662

3社のうち、アップル社は24.19パーセントの使用資本で最高のリターンを持っています。 24.19パーセントの使用資本に対するリターンは2017年9月30日に終了した12ヶ月間使用資本に投資すべてのドルのために、会社が利益を24セントを作ったことを意味します。投資家は、同社が資本採用だけでなく、長期的な資金調達戦略をどのように使用するかを効率的に見ることは比に興味を持っています。 (関連読書については、「会社の貸借対照表から就業計算資本」を参照してください)