KabuGuide.com Blog # A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z NASDAQ NYSE AMEX

CAPE比は何ですか?

CAPE比は、ビジネスサイクルの異なる期間にわたって発生し企業収益の変動を滑らかにするために10年間で一株当たり本当の利益(EPS)を使用した評価尺度です。周期的に調整する株価収益率の頭文字を使用してCAPE比は、エール大学教授ロバート・シラーによって広められました。また、シラーP / E比として知られています。

比は、一般的に市場が過小評価または過大評価されているかどうかを評価するために、幅広い株式指数に適用されます。 CAPE比は人気があり、広く続く尺度であるが、いくつかの主要な業界の専門家は、今後の株式市場のリターンの予測因子としての有用性疑問視されてきました。

CAPE比の式は次のとおりです。

CAPE比=共有price10年平均、インフレ調整earningsCAPE \テキスト{比} = \ FRAC {\テキスト{株価}}、{10 - \テキスト{年平均}、\テキスト{膨張} - \テキスト{調整業績}} CAPE比= 10年平均、インフレ調整後earningsShare価格

何CAPE比率はあなたを教えていますか?

同社の収益性は、様々な経済サイクルの影響によってかなりの程度まで決定されます。拡張時には、消費者がより多くのお金を費やすような利益が実質的に上昇するが、景気後退時に、消費者は少なく、利益の急落を購入し、損失になることができます。利益のスイングは、彼らがそのようなユーティリティや医薬品などディフェンシブセクターの企業のための周期的な分野-などの商品やなどの企業のための非常に大きいされている財務-よりますが、いくつかの企業は深刻な不況に直面して不動の収益性を維持することができます。

一株当たり利益のボラティリティもficantly SIGNID =周りバウンス株価収益(P / E)の比率になりますので、ベンジャミン・グレアムとデビッド・ドッドは、評価の比率を調べるため、1が使用する必要があることを、彼らの独創1934本、セキュリティ分析に推奨しました好ましくは7または10年間の所得の平均。

重要ポイント

CAPE比は、同社のearnings.The CAPE比の異なる景気循環の影響を考慮すると、株価収益率と類似している間、上場会社の長期的な財務パフォーマンスを分析するために使用され、株式かどうかを決定するために使用されます比率は10年間で、インフレ調整後の平均所得に株価を比較することにより、経済的影響の影響を考慮した上で、または下-valued.Theである。###使用中のCAPE比率の例

ロバート・シラーとジョン・キャンベルが、株価は利益よりもはるかに速く実行されていた提案連邦準備制度への研究を発表した後、周期的に調整する株価収益(CAPE)の比率は、当初、1996年12月に脚光を浴びてきました。 1998年の冬には、シラーとキャンベルは、彼らが戻って、過去10年間で、実際の所得の平均をとることにより、S&P 500の収益を平滑化する彼らの画期的な論文「評価比率と長期的な株式市場の見通しを、」公表しました1872年まで。

この比率は、1929年シラーとキャンベルに発生する比較的高い割合の(その時)のみ他のインスタンスと、1997年1月レコード28で比率は市場の実際の値が40%低くなることが予測されたアサートされました10年後にそれはその時によりました。 2008年の市場の暴落は、2007年10月から2009年3月に60%に急落S&P 500に貢献したとして、その予測は、非常に先見の明であることが判明しました。

米国の景気回復が勢いを集めてS&P 500のためのCAPE比は、このミレニアムの2番目の10年で着実に登って、株価は記録的な水準に達しました。 2018年6月の時点で、CAPE比が16.80の長期的な平均と比較して、33.78に立っていました。比率が以前のみ1929年と2000年に30を超えていたという事実は、比率の上昇値は、主要な市場の補正を前兆かどうかについて荒れ狂う論争を引き起こしました。

CAPE比の制限##

CAPE比の批評家は、それが本質的に見て、後方ではなく、前向きであることから、それは非常に便利ではないと主張します。もう一つの問題は、近年の著しい変化を遂げてきた利益、(企業会計原則)の比率はGAAPに依存しているということです。

2016年6月には、ウォートン・スクールのジェレミー・シーゲル氏は、CAPE比を使用して、将来の株式リターンの予測が原因GAAPベースの利益の計算方法の変更により、過度に悲観的であるかもしれないと言われている論文を発表しました。シーゲルは、むしろ、GAAPベースの利益よりも、税引後な営業利益またはNIPA(国民所得および製品のアカウント)として企業収益を一貫した収益データを使用すると、CAPEモデルの予測能力を向上させ、より高い米国株式リターンを見込んでいると述べました。