KabuGuide.com Blog # A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z NASDAQ NYSE AMEX

publish_date|2019-09-14

勢いを求めている投資家にとって、iShares Global REIT ETF REETはおそらく適切な選択でしょう。同ファンドは52週高値を付け、52週安値の22.73ドルから約24.9%上昇した。 しかし、もっと多くの利点があるのだろうか?このファンドとその短期的な見通しを見て、どこへ向かうのかを見てみよう。

REETの焦点

ファンドは、不動産に直接投資し、株式のように取引する世界中のREITにエクスポージャーを提供しています。REETは、FTSE EPRAナレイト・グローバルREITSネット・トータル・リターン・インデックスの投資結果を、手数料や費用を除いて追跡する。REETの手数料は14bpsだ。ファンドはAUM(すべての不動産ETFを参照)で17億9000万ドルを集めた。 なぜ移行なのか? 米連邦準備制度理事会は、2019年9月のFOMCで二度目の利下げを実施したが、金利が低下すると住宅ローン金利が低下し、不動産やリファイナンス (借り換え) 住宅ローンがより利用しやすくなる。その結果、不動産販売が増加します。さらに、米中貿易戦争の緊張、地政学的緊張による市場の不確実性、世界経済の減速、ブリジット問題などが投資家を不安にさせており、これらのファンドの魅力が増している。これは、これらのファンドが大きな利回りを提供し、セーフヘイブン (安全な逃避先) 取引が増加して利回りを抑制している場合には、優れた投資オプションとして機能するためである。 今後のさらなる成長? 現在、不透明な市場状況を考慮すると、ファンドの将来のリターンを把握するのは難しい。しかし、17.2の正の加重アルファと0.5%の20日ボラティリティで示されるような低リスクを考えると、REETは引き続き強力であると思われる。また、このETFを構成するセグメントの多くはZacks Industry Rankが高い。その結果、この急騰するETFにもう少し乗りたい投資家には確実に期待が持てる。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ