KabuGuide.com Blog # A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z NASDAQ NYSE AMEX

publish_date|2019-10-07

米雇用統計の堅調を背景に、主要3指数はそろって上昇した。米国の失業率は、50年ぶりの低水準となった8月の3.7%から、9月は3.5%に低下した。にもかかわらず、地政学的緊張と世界経済の減速懸念が高まる中、ウォール街とトレーダーらは2019年の追加利下げの可能性を高めている。

この点を考慮すれば、投資家は株式投資を続ける可能性が高い。だから、ポートフォリオにしっかりした低価格の銘柄をいくつか追加してみてはどうだろう。ザックスでは、株式に「安い」や「高い。」というレッテルを貼らないようにしていますが、その代わりに、株式の額面以上の価値を見るようにしています。

10ドル以下で取引されている銘柄は、価格の高い銘柄よりも変動が大きい可能性がある。しかし、投資家は適切な低位株で大きなリターンを得ることができる。今日、私たちはZacks Stock Screenerを使って、2019年第四四半期が始まり投資家が買いたいと思うであろうより広いテクノロジー部門に入る三つの株を見つけた...。

Meet Group

前のクローズ:$4.0 USD

Meet Groupは、MeetMe、Skout、Lovooなど、さまざまなデートおよびソーシャルエンターテインメントアプリのポートフォリオを提供するソーシャルメディア企業である。これらのアプリは主にストリーミングビデオ、モバイルチャット、写真共有などに重点を置いている。MEETの株価は、同社が2019年第三四半期の売上高見通しを5200万ドルから5230万ドルに上方修正した後、約23%上昇した。以前は5050万ドルから5100万ドルだった。同社は、楽観的な見方をしている理由の1つとして動画の強さを挙げており、第4四半期には広告事業が好調になると予測している。

今後については、四半期の収益予測は会社の新しいガイダンスを反映するように更新されていません。しかし、MEETの2019会計年度の売上高はすでに17.7%増の2億1027万ドルに達すると予測されており、2020年は11.1%増になると予想されている。一方、Meet Groupの調整後利益は今年33.3%、2020会計年度にはさらに18%増加すると予測されており、MEET株は現在、当社のスタイルスコアシステムにおいて成長と価値の両方で(購入)等級を誇るZacksランク#2「A」であり、業界に対して割安な価格で取引されている。最近の好材料は、第1四半期以降の大幅な売りを受けてMEETの株価上昇に貢献する可能性がある。

Telenav,Inc.TNAV

前のクローズ:$4.75 USD

Telenavは、Ford FやAT&Tなどの世界的大手と提携している、コネクテッドカーおよびロケーションベースのサービスを提供する企業である。同社の主要顧客の一社であるゼネラルモーターズGMが、2021年にGoogleのGOOGLコネクテッドカー技術との提携を開始すると発表した後、株価は9月初めに一株あたり10ドル以上から急落した。同社は声明の中で、GMとの契約は2025年モデルまで有効であり、GMの発表は「契約を変更することは一切ありません。Telenavは、GMの発表がTelenavの2020会計年度と2021会計年度の内部営業予測に影響するとは予想していない。」と述べた。

明らかに、ウォール街はこれが会社に打撃を与えることを恐れているが、その影響はすでに織り込み済みで、株価は9月5日の発表以来50%以上下落している。Telenavは今でもトヨタなどの企業と提携しており、Walmart WMTやBest Buy BBYなどの企業が利用するターゲット広告プラットフォームを通じて利益を上げている。Zacksのコンセンサス予測によると、来四半期(2020年第1四半期)の売上高は20%急増するという。今後、2020会計年度と2021会計年度の収益は、それぞれ10.7%と11.3%増加すると予測されています。これにより、TNAVは今年予想される調整後損失の$0.12から、2021年には+$0.16へと飛躍すると期待されている。Telenavは現在Zacksランク2(購入)で、GrowthとMomentumの両方で「A」評価を受けている。

デジタルタービン (株) APPS

前のクローズ:$6.31 USD

Digital Turbineは、OEM、モバイル事業者、パブリッシャーを広告主やアプリ開発者と結びつける。同社は8月中旬にRazerとの提携を発表しており、Digital Turbineはゲーマー向けのライフスタイル重視ブランド「Razer Cortex Mobile対応スマートフォンのユーザー向けにアプリを推奨する。」を支援することになるだろう。APPS株は最近下落しており、先月は14%下落したが、2019年には250%、過去12カ月間では370%上昇している。

今後については、調整後の今四半期(2020年第2四半期)の利益が300%増、売上高は32.3%増となる見通しだ。通年のEPSは150%増、売上は26.4%増と予測されている。Digital Turbineは2021年に20.5%の売上増、11.7%の利益増を見込んでいる。投資家はまた、APPSが四半期の利益予想を平均125.0%押しつぶしたことにも注目すべきだ。Digital Turbineは今のところZacks Rank No.1(強力な買収)で、Growth and Momentumの評価は「A」で、総合的な「B」VGMスコアを獲得している。

関連銘柄

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ